FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

50万人ありがとうございます。

いつもご訪問頂きありがとうございます。
皆さんのおかげでブログ訪問者が
通算50万人に達成しました。

ブログを始めて9年になります。
最初の年は1万人(毎日30人足らず)にも
なかなか達成することができませんでした。
でも毎日書き続けているうちに、
何とかこの日を迎えることができました。

今までずっと5万人ごとに挨拶をさせてもらいました。
それは皆さんへのお礼と自分への激励でした。
そして今日やっとその日がきました。

今度は100万人なんて申し上げません。
毎日数人の人しか来てくれなくても、
私の旅が終わるまで、続けたいと思います。

日本はすでに忘年会やクリスマス戦線で、
毎日盛り上がっていることでしょうね。
お体に気を付けて、年末をお過ごしください。

2018年 12月14日 
takechan0312@シドニーにて

fc21214.png


研修で列車に乗ってみた

そしてもうひとつ楽しみなのが、
列車に乗ってデナリに行きます。
これは列車のスタッフの研修のためです。
列車スタッフはアンカレッジを研修ですが、
最後の研修が実務にあたる列車の中、
ホテルのスタッフがお客さんに扮します。

私たちトランスポだけではありません。
レストラン、フロント、ルームから、
たくさんのスタッフが乗り込みます。
列車で勤務するスタッフにとって、
これが本番前の最後の研修になります。

列車の中では、展望車にのって、
飲み物のサービスを受けます。
もちろん1人1杯までは、
アルコールだって無料で飲めます。

そして食堂車で本番通りに、
昼食のサービスがあります。
前菜、メイン、デザートと選びます。
展望車は2階に座席があり座りますが、
1階が食堂とキッチンになっています。

食堂が狭いために2回転します。
そのためかコーヒーと紅茶は、
2階の座席で飲むようになっていました。
と言ってもお酒を飲んでいる人は、
あまりコーヒー紅茶を飲まないようです。

本番と同じ食事が出来てきますが、
レストラン並みの味でした。
でもサービスしているのは海外の学生、
お皿を3枚持てる人も少ないですね。
まだ英語が通じるから良いけど、
それでも発音が分かりにくい人もいました。

dnl11231.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor

トランスポの研修は楽しいですよ

オープン前に私が一番好きなのが、
何と言ってもトランスポの研修です。
バスドライバーたちと一緒に、
オプショナルツアーに参加します。

その日は全員でタルキートナに向かいます。
そして午前中と午後に分かれて、
氷河遊覧飛行とラフティングをします。

去年は雪が多すぎて氷河に降りれなかったけど、
今年は暖かい冬だったので雪も少なかったとか、
天気にも恵まれ遊覧飛行することもできたし、
氷河に降りることも出来ました。

この氷河遊覧飛行は一回450ドル以上、
それにチップを払ったら500ドル近いです。
それでもたくさんの人が申し込みます。
と言ってもシーズン中の30%近くは、
雨や風でキャンセルになることもあります。

ラフティングはいくつか種類がありますが、
今日するのは一番短い2時間のコースです。
ボートと一緒に乗り場まで車で行き、
静かな川をガイドの案内でツアーします。

他の場所では自分で漕ぐことができる、
急流のラフティングもあるようですが、
タルキートナ周辺は穏やかな川が多いです。

午前と午後の間の昼食は、
シェリーのハンバーグショップです。
タルキートナのオフィスの隣にあり、
ドライバーやスタッフのたまり場です。

お店はフードトラックですが、
今年からテーブルの上に屋根がつき、
雨の日でも食べれるようになりました。
ホームメードのアイスクリームも美味しいです。

dnl11246.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor


ゲストサービスホストの仕事

ゲストサービスホスト部門は、
マネジャーのトニーの下に、
スーパーバイザー3人とスタッフが8人、
仕事柄、女性が多い部門ですが、
今年は男性がひとり増え2人になりました。

さらにロジスティックにはジェフと
ペイロールもするビバリーがいます。
ホテルに到着するゲストに配るための、
鍵や資料を用意するスタッフです。

リゾートホテルに来るゲストの半分以上は、
プリンセスの列車を利用して移動します。
その列車が到着するのがタルキートナ、
この街に住むリズとデービッドは、
夏の間だけホテルに勤務します。

ゲストサービスホストの仕事も、
いくつかの部門に分かれています。
でも主な仕事はホテルが主催している、
オプショナルツアーの販売です。

ツアーデスクで仕事をするので、
PCでツアーの予約の仕方と、
バウチャー発券ついて研修します。
ツアーを予約してもコミッションはないけど、
いろんなツアーに優先的に参加できます。

ゲストサービスホストのうち3人は、
ディスパッチャーの仕事をします。
これはバスの手配をするジョイの下で、
バスの発着時の管理をします。

ホテルとタルキートナにひとりづつ、
ひとりがお休みのシフトになりますが、
もちろんツアーデスクも手伝います。

dnl11233.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor

オープン前の準備

リゾートホテルがオープンするまでに、
館内のあちこちで掃除と搬入が行われます。
毎年閉館前に倉庫に入れておいた道具を、
それぞれの場所に配置していきます。

私たちの部門はそれほど多くありませんが、
PCと良く入れを設置するぐらいですね。
デスクは常設されているので、
誇りをとって掃除するだけで終わります。

PCに入力する番号とをもらいます。
これはプリンセスグループを通して、
各自異なった番号になるので、
バウチャーに入力された番号だけで、
誰が発券したかわかるようになっています。

それに比べてレストラン関係は、
テーブルや椅子だけではありません。
グラス、食器類、そしてカトラリー、
道具が多いので大変ですよね。

それに肉や野菜などの材料と、
ワインやソフトドリンク類などを
搬入するためのトラックが、
毎日何台もホテルに到着しました。

お客さんがいなくても開店準備だけで、
給料を払わなければなりません。
なるべく短時間で済ませるように、
いつも早目の切り上げが多かったけど、
短い時間で覚えなければなりません。

そういいながらもう片方では、
毎日スタッフがやってきました。
まずはアメリカ各地から
そして海外からの学生もやってきます。

dnl11230.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor