FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

BC州で最初に住んだ街 

Posted on 01:02:57

私が働いていたのは日系の旅行会社、
駐在員や日系人の人たちに、
航空券を販売する会社でした。
でもジュニアが二人いたので、
年末に私の方が首になりました。

それからは得意の日系レストランや
ピアノバーで働いたこともありますが、
若い日系人が少ない所だったので、
仕事は嫌というほどすぐに見つかりました。

でもこの街に根付くような私ではなく、
いつも何処かに旅行をしていたので、
会社に就職すると言う選択はなく、
アルバイトだけで暮らしていました。

リッチモンドはフレーザー川の
デルタの上に作られた街です。
フレーザー川がその河口付近では、
何本もの支流に分かれています。

もう一度フレーザー川を渡ります。
今度は橋ではなくトンネルになります。
大きな貨物船などが上って行くので、
橋ではなくトンネルにしたそうです。

そこを抜けたら99号線とお別れ、
いつもこのルートが混んでいるのは、
アメリカに入国する車が多いためです。
以前は簡単に抜けられた国境ですが、
2001年以来とても厳しくなりました。

私たちは17号線に入ります。
その行先はフェリー乗り場だけです。
ここからバンクーバー島にある
ビクトリア行きのフェリーが出ています。
van2026.jpg
  リッチモンド by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  リッチモンド  デルタ地帯 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ライオンズゲートブリッジを渡って 

Posted on 01:04:18

モーテルの朝食が終わると、
レンタカーで出発することにしました。
運転するのはトラックの経験もある平さん、
私が横に座ってガイド兼ナビゲーターをします。

ノースバンクーバーにあるモーテルからは、
1938年に建設された
ライオンズゲートブリッジを渡っていきます。
私がいたころは片側1車線でしたが今は3車線
通勤時間帯に応じて変更になります。

初めて右側運転したのがバンクーバー、
まだ免許取りたてのような時期でした。
この橋を通るたびに冷や冷やしていました。
それに高い所にあるので、
恐怖心があったのも確かです。

運転は私よりも慣れている平さん、
でも右側通行はあまり慣れていないので、
右側にいる私はちょっと緊張していました。
ときどき道路の端に当たったりして、
タイヤがガツつと音を立てていました、

スタンレーパークを横切ったら、
少しだけ市内の中心地を抜けていきます。
ルート99に沿って行くと、
昨日行ったグランビルアイランドの上にある
グランビルブリッジを通ります。

最終日に空港に行く道と同じです。
今は電車で簡単に行けるようになりました。
大きなフレーザー川を渡ったら、
バンクーバーとはお別れして、
空港のあるリッチモンドへと入ります。
バンクーバーで最初に働いていた場所でした。

van2021.jpg
ライオンズゲートブリッジ by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  ライオンズゲートブリッジ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

バンクーバーで泊ったホテル 

Posted on 01:04:03

今回バンクーバーで泊ったホテルは、
ノースバンクーバーにあります。
スキーが出来るグラウマウンテンや
キャピラノブリッジからも近いです。

ここに3泊するので便利な場所にあり、
キッチン付きのモーテルを選びました。
もし市内に同じような部屋を予約したら、
値段的は2~3倍していました。

今回はレンタカーをしているので、
市内でなくても問題ありません。
かえって駐車場が問題になります。
最後の日は車を返却しますが、
バスで簡単に行くこともできました。

キッチン付きの部屋はひとつだけ、
キッチンなし部屋の3倍の料金でした。
モーテルは朝食付きだったので、
料理をすることもあまりないでしょう。

モーテルの近くにスーパーや
リッカーストアーもありました。
私たちにとってはこれが大切なこと、
お酒が切れたら生きていけません。

翌日の朝食は7時からでした。
レセプションの横のレストランで、
バッフェ形式の朝食でした。
卵料理やハムなどもあって、
お腹いっぱいになりました。

中にはホットケーキを焼いて、
メープルシロップを掛ける人も、、。
普段はこんなに食べないのでしょうが、
今日は一日長い日になるので、
たっぷり食べておくことにしましょう。
van2020.jpg
    バンクーバーで泊ったホテル 



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  ホテル 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

バンクーバーで刺身が好きになった 

Posted on 01:02:09

女性陣がシャワーを浴びている間、
私の友人は刺身の用意をしていました。
そして男性陣がシャワーの間に、
女性陣で夕食の用意をしました。

と言ってもチーズやサラミを切ったり、
野菜でサラダを作るだけでした。
おつまみだけの夕食になりそうですね。
念のためにパンも買っておいたので、
お腹が空くことはないと思います。

シドニーで鮭を買うとキロ20ドル前後、
刺身の用の切り身で買うと40ドルはします。
グランビルアイランドで買ったのは、
頭のない切り身が一匹でキロ30ドルでした。

オーストラリアの鮭はすべて養殖、
薄いサーモンピンクですが、
カナダの鮭は色がとても濃かったです。
もちろん味は比べられませんよね。
刺身が嫌いな私もたくさん食べれます。

残った魚は翌日に焼くつもりでいましたが、
8人もいれば残るわけありませんよね。
あっという間に無くなってしまいました。

天然のワサビをお願いしていたのに、
日本から皆さんが持ってきてくれたのは、
何処でも買えるハウスのワサビでした。
長野の人がいるからお願いしたのに、、、
天然の鮭を天然のワサビで食べたかったなあ。

私は日本にいるころ刺身が嫌いでした。
バンクーバーに来て美味しい魚に出会い、
刺身や寿司が食べれるようになりました。
この街に来たら是非試してください。
bc1221.jpg
  ホーシューベイ by tripadvisor




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  日本料理 
カナダ  |  -- trackback  | 4 comment |  edit

△page top

マーケットで夕食の買い出しを 

Posted on 01:02:56

グランビルアイランドのマーケットには
食事を取れるところがたくさんあります。
私たちはここで軽食を取りました。

朝からまともな食事を食べていないので、
お腹が満たされていませんでした。
私と平さんは動き回っていたので、
お腹が空くのは当たり前ですね。

そしてここに来た目的は夕食の買い出し、
今日のホテルにもキッチンがあるので、
皆で夕食を食べなら宴会をするつもりです。
バンクーバーと言えば新鮮な魚が楽しみ、
ここで養殖ではない天然の鮭を買って
刺身にして皆で食べるつもりでいました。

友人はシドニーで板前をやっています。
それも還暦を過ぎてからの板前修業、
仲間にその腕を披露したかったようです。
本当はお寿司も作りたかったようですが、
ご飯が炊けないので諦めました。

チーズ・サラミ・フルーツなども買って、
これから3日間の滞在ですから、
たくさん買っても食べ切れるでしょう。
それに車があるので、いくらでも積めます。

ホテルに到着する前にスーパーに行き、
ばら撒き用のお土産を買ったり、
夕食の足りない分を買い足しました。

今日は他の観光は入れていません。
少しでもホテルに早く到着して、
ゆっくりとしてもらうつもりでいました。
昨晩お風呂に入っていないので、
宴会前にさっぱりしたかったのです。
bc1226.jpg
 パブリックマーケット by teipadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  グランビルアイランド 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

取り敢えず「グランビルアイランド」へ 

Posted on 01:01:51

シドニーでフェリー乗り場を確認した時は、
まだ以前のままで案内してありました。
この駅からバンフ行きのバスに乗った時、
確認しておけば良かったのでしょうか?

まさみさんは携帯を持っていないので、
多分新しいフェリー乗り場で呆然としていたかも?
日本人のグループと言っても中華街の近くでは、
見分けるのも難しいかもしれませんね。

それより英語を話せる私の友人、
どうしてフェリーが海の上に見えているのに、
乗り場を確認してくれなったのでしょう。
そこから200mも離れていない所です。

今更私が怒鳴っても仕方のないこと、
取り敢えず皆さんに謝って、
グランビルアイランドに移動しました。

グランビルアイランドは半島ですが、
フォースクリークの中にあります。
ダウンタウンからはフェリーやバスで
簡単に行くことができます。

もともと工場地帯と利用されていましたが、
火事の後、大きな工場が立ち退くと、
政府の資金で再開発されることになりました。

1979年にマーケットがオープン、
最初は市民が食材を買いに来るだけでしたが、
レストランやカフェなどもオープンすると、
観光客が遊びに来るようになりました。

それを目当てにアーティストたちが
クラフトショップをオープンして、
今では観光客の方が多いくらいです。
bc1225.jpg
 グランビルアイランド by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  グランビルアイランド 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

フェリー乗り場は何処ですか? 

Posted on 01:01:10

バンクーバーのホテルに荷物を運んで、
ひと息ついたときに平さんに電話がありました。
「私の友人がまだ来ないけど、、、」と、
だってフェリー乗り場にいるのでしょう?
ところがフェリーらしいのもないと言うのです。

そこで早速駅まで戻ることにしました。
すでに午後1時を回っていました。
今日はグランビルアイランドで
昼食を取る予定でいたのですが、
車を受け取るのに時間がかかったのと、
友人と会うことが出来なかったので。
昼食の予定がかなりくるってしまいました。

朝飯は軽く済ませただけだったので、
ホテルの近くで持ち帰りの寿司を買いました。
この辺では弁当は売っていなし、
サンドウィッチより寿司の方が良いです。
平さんと二人でまた簡単な食事です。

それから急いで駅まで戻ることにしました。
まさみさんは携帯を持っていないので、
連絡がつきませんでした。
いったい何処でどう間違ったのでしょうか?

駅の近くのフェリー乗り場に行くと、
皆が呆然と暇をつぶしていました。
私の友達が来なかったのかは分かりません。
その辺を探してもまさみさんの姿はありません。

そしてよく見るとフェリーが向こうにいます。
「あれ!乗り場が移動したのかしら??」
近くの人に尋ねると、先月からですが、
フェリー乗り場が移動していたのです。
「えっ!」ただ愕然とする私でした。

bc1224.jpg
乗りそこなったフェリー by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  フェリー乗り場 
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

ホテルまで荷物を運んで 

Posted on 01:01:00


レンタカー会社で車が用意できる間に、
書類の手続きを済ませておきました。
今回は平さんが運転してくれます。
私はあくまでも非常事態のサブです。
こんな大きな車、運転する自信はありません。

そしてお隣で朝食をとることにしました。
車の用意が出来たら電話をしてもらうまで、
ゆっくりと腹ごしらえをしておきました。
皆さんは駅にあるカフェで食べるそうです。

やっとレンタカーを受け取ったら、
早速駅に向かって運転です。
この車もスマートキーですが、
練習している暇はありませんでした。

駅に到着すると、荷物を詰めました。
私と平さんはホテルに荷物を運んで、
グランビルアイランドで待ち合わせをしました。
ここで昼食と買い物をする予定でした。

そこまで皆さんはフェリーで移動します。
シドニーの友人は英語が話せても初めてなので、
バンクーバーの友人をガイドに雇っておきました。

待ち合わせ場所はフェリー乗り場、
駅の前にある海からでているはずです。
ちゃんとシドニーに居る時地図を見せ、
どちらの友人とも打ち合わせ済みでした。

荷物を車に積め、ホテルに向かいました。
ホテルに到着すると荷物を置いて、
チェックインを済ませておきました。
まだ鍵は貰えないけど
「これで安心」とひと息ついたときに、
平さんの奥さんから電話が入りました。
bc1222.jpg
 ノースバンクーバー by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  レンタカー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

グレードアップされたレンタカー 

Posted on 01:01:16

ジャスパーから乗った列車が
終着駅バンクーバーに到着すると、
皆な荷物を持っておりました。
私は塚本さん夫妻の所に行って、
一緒に降りることにしました。

エコノミーから寝台車に行っても
車掌さんからは文句を言われませんでした。
二人の通訳兼ガイドということで、
すでに私のことを認識してくれたようです。

車椅子は車内に持ち込んでいたので、
到着する前に降りる所に出してもらいました。
これならプラットホームからそのまま
構内へと車椅子で移動できますからね。

皆さんとは荷物を受け取る所で待ち合わせ、
そして荷物を受け取っている間に、
平さんを連れてレンタカー会社に行きました。

レンタカー会社は街の中心地にあります。
今回は8人乗りの車を頼んでおきました。
予約の時間も何度も確認してありました。
ところが到着してみると、車がないというのです。

8人乗りで予約していたのに、
7人乗りの車を用意していました。
人数が7人なら我慢しますが、
8人いるからそれには乗れません。
そしたら8人乗りの車が戻ってきたので、
掃除する間待ってほしいと言われました。

もうこれは待つしかないですよね。
平さんの携帯で奥さんに電話を入れて、
時間がかかることを伝えておきました。
bc1220.jpg
  バンクーバーの駅 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  レンタカー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

個室よりも2段ベッドの方が良いですよ 

Posted on 01:03:52

ちょうど夜になる前に降りる人も多く、
車両は乗った時よりも空いていました。
今まで二人で座っていた席を離れ、
ひとりで2つ確保する人もいました。

これなら遠慮することなく眠れます。
誰かがいびきをかいたり寝言を言っても、
聞くこともなくゆっくりと休めます。

熟睡したつもりはありませんが、
飛行機よりはゆっくりと眠れました。
山が遠くにしか見えなくなったら、
バンクーバーに近づいている証拠です。

あと1時間ぐらいで到着するとき
塚本さんの確認に行きました。
すでに朝食を済ませて、
降りる用意もされていました。

通路を挟んで両側のベッドだったので、
両側の景色が楽しめたと言っていました。
トイレも近くてゆったりとしていたので、
二人とも熟睡されたようです。

二人用の個室は2段ベッドですが、
座席になるとかなり窮屈になるとかで、
アメリカ人のカップルがやってきて
「座席に座らせてくれ」と頼んだそうです。

片言の英語で何となくお話したけど、
それがとても楽しかったようです。
「この寝台車を予約して、ありがとう」と
何度もお礼を言われました。
二人にとって疲れなかったことで、
後半の観光も一緒に楽しめそうでした。
jp1238.jpg
    VIA鉄道 bytripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  VIA鉄道  寝台車 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

VIA鉄道のエコノミークラス 

Posted on 01:03:58

エコノミクラスにも戻ると、
車掌さんがチケットの確認に来ました。
座席が決まるとその上に、
何処から何処までと記入していました。

私たちは終点のバンクーバーまでですが、
途中で降りる人もいるようです。
車両はそれほど混んでいなかったので、
6人で8座席を確保しました。

通路を挟んで両隣なので、
前の席を後ろに回して、
話ながら旅行することもできます。
リクライニングになりますが、
毛布は付いていませんでした。
毛布、耳栓、アイマスクなど購入できますが、
荷物になるので誰も買いませんでした。。

エコノミニーには食事は含まれませんが、
食堂車で購入することができます。
そこにはテーブルと椅子があるので、
ビールを買って皆で宴会をしました。

塚本さんの車両はお隣で、
座席にすると8人ゆっくりと座れますが、
残念ながら私たちは行けません。
今日はエコノミーだけの宴会です。

買ったビールが終わった後には、
持参した日本酒をちびりと
やっているメンバーもいました。

食堂車の上は展望台になっていて、
周りの景色を展望することができます。
食堂車で買った料理を食べながら、
周りの景色を楽しむのも良いですよ。
jp1236.jpg
   ジャスパー駅 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  VIA鉄道  エコノミークラス 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

VIA鉄道でバンクーバーへ 

Posted on 01:02:07

私たちが乗るVIA鉄道は、
大きな荷物は駅で預けました。
預け札をもらって手荷物のみ、
車内に持ち込みました。

エコノミーは座席のみで、
指定することはできませんでした。
そこでなるべく早めに乗車して、
座席を確保するつもりでした。

車いすを利用している塚本さんご夫妻は
寝台車に乗ることになりました。
個室は値段が高いので、
2段ベッドの下段を予約しました。

寝台は通路を挟んで並んでいます。
昼間は座席になっていて、
お客さんが夕食をとっている間に
寝台ベッドを作ってくれるようです。

座席確保は他の皆さんに頼んで、
私は塚本さんと一緒に乗り込みました。
エコノミーチケットでは入れませんが、
英語が話せないお二人の通訳として、
座席と食事の予約を確認するまで、
いろいろとお世話をしました。

そこはやはり元ガイドですから、
堂々と何処へでも入り込みます。
英語が理解できないで困っているより、
係員の人もスムーズにできます。

ベッドの確認が終わり、
食事の予約を確認したら、
塚本さんとお別れしました.。
私はガイド兼通訳ですと言って、
そのまま残ることもできたでしょうか?

jp1239.jpg
 ジャスパー国立公園 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  VIA鉄道  寝台車 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

VIA鉄道のスケジュール 

Posted on 01:03:47

今日私たちが乗るのはVIA鉄道、
カナダ鉄道の旅客部門だけを運営しています。
以前はバンフからはカナダ太平洋鉄道が
ジャスパーからはカナダ国営鉄道が運行していました。

しかしバンフ~バンクーバー間の運行権を
ロッキーマウンテニア鉄道に売却
豪華観光鉄道が運行することになりました。

最初はバンフ~バンフ間のみでしたが、
ノースバンクーバー~ウィスラーや
バンクーバー~ジャスパー間など、
現在5路線を運行しています。

夜行列車はなく、途中のホテルに宿泊、
列車内では食事や飲み物も提供されます。
運行期間は夏のみ、その年によって、
スケジュールが変更になります。

私たちが乗るのは定期便です。
トロントからバンクーバーまで4泊5日
まさにカナダの大陸横断鉄道です。

一週間に2便運行されていますが、
夏はエドモントンからバンクーバー間を
走る列車が増便されます。

私がいたころは夕方に出発していたので、
バンフからの観光後も乗車することができました。
しかし実際に乗車した4年前は午後2時出発、
マリンレイクの観光をしてギリギリでした。

現在のスケジュールでは午前9時半出発、
残念ながらその前の観光は無理ですね。
バンフから来たら2泊しないと、
ジャスパーの観光後乗車できません。
jp1237.jpg
    VIA鉄道 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ジャスパー国立公園  VIA鉄道 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ホッと肩の荷が下りたとき 

Posted on 01:05:53

マリンレイクのボートクルーズが終わると、
直ぐ近くにあるレストランで食事をしました。
それぞれ自由に好きなものを食べてもらい、
ちょっと早いけど昼食も兼ねていました。

その日は午後2時の列車に乗るので、
昼食とゆっくりとる時間がありません。
後はジャスパーの街で買い物をして、
列車の中で食べるつもりでいました。

帰りに少し時間の余裕があったので、
マリンキャニオンで写真ストップしましたが、
ここは他の所で見たのと同じような場所、
あえて停まる必要もないかもしれません。

もっと時間があれば観光する所もありますが、
午後2時の出発ではその余裕はありません。
街に戻ってレンタカーを返したら、
もう列車に乗る時間になることでしょう。
大きな荷物を預けたりするので、
最低30分前には到着しなくては、、。

ジャスパーの駅に到着する前に、
車いすの塚本さんと女性陣を降ろしました。
スーパーで食料品の買い出しをしてもらい、
その間に荷物を受け取りに行きました。
2台あれば全員の荷物も乗りますからね。

駅に戻る前にガソリンを満タンにして、
荷物を降ろした後、車を返却しました。
事故にあってないのでスムーズでした。

サインして清算の領収書をもらうと、
平さんも私も肩の荷が下りて、
ホッと一息つくことができました。
今日の大役はこれで終わり、
後は列車でのんびりするだけでした。
jp1229.jpg
 ジャスパー国立公園 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ジャスパー国立公園  レンタカー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

コダックで有名になった「スピリットアイランド」 

Posted on 01:03:40

マリンレイクボートクルーズのハイライトは、
スピリットアイランドという小さな島です。
スプルースの木が十数本だけ生えた島は、
先住民たちにとって聖霊な場所でした。

スピリットアイランドと呼ばれていますが、
年間を通じてここが島になるのは、
雪解け水が増えるわずかな期間です。
普段は岸から島に行くこともできます。

このスピリットアイランドを有名にしたのは、
1960年の8月から9月にかけて、
ニューヨークのセントラルステーションに、
大きく飾られたコダック社の写真でした。

駅を通る人たちはそれを見るたびに、
「一度は行ってみたい」と憧れたようです。
そしてカナディアンロッキーでは一番有名になり、
もっとも写真撮影される場所になりました。

2014年にはiPadのショーケースとして
このスピリットアイランドが使われ、
世界中にその美しい姿が知られました。

となるとやっぱり誰もが見たくなりますよね。
レイクルイーズと違って簡単に行けません。
ジャスパーに来てもすぐには来れず、
ボートクルーズに乗るしか手段がないのです。

カヌーで来ることも可能ですが、
片道4時間は掛かると言われています。
途中でキャンプする人なら可能でしょうが、
日帰りはかなりきついですよね。

ジャスパー国立公園まで来たら、
マリンレイクまで足を延ばして、
ボートクルーズに乗船して、
スピリットアイランドを見てくださいね。
jp1232.jpg
 スピリッツアイランド by tripadvsor




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダr旅行  ジャスパー国立公園  マリンレイク 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

マリンレイクのボートクルーズ 

Posted on 01:03:03

ジャスパーを出発して1時間ちょっとで
マリンレイクに到着しました。
すでにボートクルーズを予約してあるので、
チケットを購入する心配はありません。

ボートにはお手洗いがないので、
乗る前にトイレ休憩が必要でした。
集合時間を決めて、一度解散しますが、
トイレだけは利用するように頼みました。

マリンレイクのボートクルーズは、
5月下旬から10月初旬まで、
冬季は完全に凍結してしまうので、
湖畔にあるホテルも閉まります。

ボートクルーズは約1時間半、
途中ガイドが英語で説明してくれます。
日本人のグループがいると、
帰路日本語で案内していました。

マリンレイクは全長22km以上、
氷河で形成されたU字型の湖です。
一番深い所で97mありますが、
ジャスパー国立公園最大の湖です。

ボートクルーズが許可されていますが、
個人のモーターボートは乗れません。
他の湖と同じように、
カヌーやカヤックは利用できます。

周辺をハイキングしたり、
キャンプする人も多いですが、
何といっても釣りが有名です。
以前放流されたニジマスが増え、
10kgに成長したものもあります。
jp1233.jpg
  ボートクルーズ by TripAdvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ  ジャスパー国立公園  マリンレイク 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

野生の羊に気を付けて 

Posted on 01:03:38

マリンレイクから流れ出す川がマリンリバー、
この川がメディスンレイクに注いでいますが、
注ぎ込む水量がある程度増える時期までは、
ここから川の水は流れ出していません。
そのために「湖」と呼ばれているようです。

以前に行われた大掛かりな調査では、
この湖の水は、湖底へと吸い込まれています。
そしてマリンリバーの途中から湧き出たり、
ジャスパー周辺の湖へと湧き出ています。

ジャスパーパークロッジ周辺には
いくつかの美しい湖がありますが、
そこに流れている小川は全くありません。
その辺の湖に湧き出ているようです。

周辺の山々の雪解け水が増えてくると、
湖底に沈んでいく水の量よりも多く、
ここからマリンリバーへと注ぎますが、
その不思議な湖に先住民も驚いたことでしょう。

むかしまだ道路がなかったころは、
この湖を船で渡り、そこからまた馬に乗り、
数日掛けてマリンレイクまで行ったそうです。

湖の側を車で走るときは、
野生動物に気を付けてくださいね。
「ビッグホーンシープ(野生の羊)」が
泥をなめに来ているときがあります。

野生のヤギと同じように、
泥に含まれるミネラル分をなめます。
夏は毛が抜けて土と同じ色、
湖に気を取られていると、
突然羊が道路を横切ったりします。
jp1230.jpg
 ビッグホーンシープ by TripAdvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ  ジャスパー国立公園  ビッグホーンシープ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

摩訶不思議な湖「メディスンレイク」 

Posted on 01:03:28

今日はカナディアンロッキー最後の日、
ジャスパー国立公園の観光をします。
ハイライトは何といってもマリンレイク、
ここでボートに乗ってクルーズを楽しみます。

観光バスに乗っていくこともできますが、
車がないと行ける距離ではありません。
私たちは時間が限られているので、
2台レンタカーをすることにしました。

運転するのは平さんと私です。
昨日練習したので、右側も慣れてくれたかな?
ナビゲーションを私の友人がして、
私は先頭車を運転することにしました。

ジャスパーの街を抜けたら通行量も少なく、
あとはマリンレイクまで一本道ですから、
迷うことは絶対になりませんが、
山道と動物に気を付けなければなりません。

マリンレイクに行く途中の観光と言えば、
マリンキャニオンとメディスンレイク、
ボートクルーズの予約を見ながら、
何処に停まるか決めると良いでしょう。

行きはマリンキャニオンをスキップして、
ちょうど半分ぐらいの距離にある
メディスンレイクで写真ストップしました。
全長7キロぐらいの細長い湖ですが、
もともとマリンリバーの
川幅が広くなったところです。

先住民たちはこの湖を
「摩訶不思議な湖」「魔法の湖」
とも呼んでいたそうです。
jp1231.jpg
  メディスンレイク by TripAdvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ  ジャスパー国立公園  メディスンレイク 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ジャスパーのホテル 

Posted on 01:02:42

ジャスパーで泊まるのは街はずれにあるホテル。
車があるので距離は気になりませんでした。
平さんにとって分かりやすい所が便利ですから。

このホテルは朝食付きだったので、
キッチンは必要ありませんでした。
最初は4人部屋をふたつ予約しましたが、
宴会をするスペースがないというので、
ひとつはソファーがある広い部屋にしました。

食事が終わってホテルに到着すると、
荷物はすでに運ばれていました。
しかし実際には誰がどの部屋に入るか、
まだはっきりとしていませんでした。

塚本さんはやはり気を遣うようで、
お二人は広い部屋の個室を使ってもらい、
昨日私たちがソファーベッドだったので、
もうひとつの個室に入ることになりました。

平さんと西田さんご夫妻は、
ひとつの部屋をシェアーしましたが、
昨日と違ってトイレもバスもあるので、
今日はゆっくり時間を気にしないで、
それぞれに過ごすことができます。

「明日は朝早い出発ですから、
スーツケースはそのままで」とお願いして、
少し落ち着いてから宴会が始まりました。

さすが三日目ということもあり、
やや疲れも出てきているようです。
その日の宴会は簡単に終わりました。
私はその日は殆ど飲まずに眠りました。
翌日までお酒が残っていたら、
ドライバーとして失格ですからね。
jp1225.jpg
 ジャスパーのホテル by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行    ジャスパー  ホテル 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

カナダのファミレスで食べてみた 

Posted on 01:05:08

平さんと車の練習をして戻ってきたら、
駅の横の駐車場に停めました。
明日もここに戻ってくるので、
駐車する練習にもなりますからね。

ちょうどその頃列車が来ていました。
これは私たちが乗る列車ではなく、
バンクーバーから来た観光用列車です。
展望車付きの高級列車ですから、
「明日乗る列車じゃないですよ~」と、
期待を裏切らないようにしておきました。

その日の夕食はカナダのファミレスです。
カナダで60年の歴史がありますが、
出てくるのはデニーズと同じような、
量が多ければ良いというメニューばかりです。

私がいたころに比べたらサラダなども増え
メニューも豊富になってきましたが、
肉料理が多いのが特徴ですね。
魚と言えばフィッシュアンドチップスか
サーモングリルしかありませんでした。

それでもそれぞれのカップルで、
違うメニューを選んでシェアーすれば、
一度に二度楽しむことができます。
明日は夜行列車で夕食なしなので、
たくさん食べてもらうことにしました。

俗にジャンクフードと呼ばれますが、
たまに食べると美味しいのでしょうね。
お隣さんのメニューをフォークをつけて、
味見している人が多かったです。

私はこんな時は朝食メニューにします。
これなら私も食べれるしお腹にも優しい、
ちゃんと食べておかないと
翌日からの体力がありません。
jp1228.jpg
  ジャスパーの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行    ジャスパー  ファミリーレストラン 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ