FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

オーストラリアに移民したい方のために その4

基本的に代行会社を使ったからと言って
確実に移民できるわけではありません。
申請者本人が審査されるわけですから。

しかし相談に乗ってくれる人が居るのは心強いです。
真剣に移民をお考えでしたら
こういったエージェントの利用をお薦めします。
沢山電話を掛けて自分で判断して下さいね。

今はインターネットもありますから、
日本国内から仕事のアプライもできます。
これから少しづつそんなお話もして行きますが、
どんな仕事があるのか見てみるのもよいですね。

もちろん最初は日本系の企業に就職したい方は
日本語で募集しているサイトもあります。
ただし和食のレストランなどが多いですが、
なかには日系以外の企業もあると思います。
日系の企業と言ってもスタッフは現地の人、
ある程度の会話ができる英語力は必要ですね。

さて到着したときから問題になるのが住居です。
オーストラリアは住居がかなり高いです。
最初は家具付のアパートなどをお薦めします。

若い人ならシェアーアコモデーションや
バックパッカーなどが利用する
安いホテルなどもお薦めしますが、
こういった所ではプライバシーはありませんし、
貴重品の管理などが問題になります。

そのためにもワーホリや学生で
オーストラリア国内に滞在してみるのが
移民するかどうか決める第一歩になります。
海外は日本にない自由さや気落差もありますが、
やはり日本人である限り日本が一番楽です。
海外には海外の厳しさもありますからね。

state-northern_territory-004.jpg
   NTのカメルツアー by Travel Point

関連記事

2 Comments

可愛+猫子 says..."No title"
先日、オーストラリアは今インフレで、物が何でも高くなっているという
記事を見ました。もしかしたら、オーストラリアは今バブルの前みたいな
状況なのかな?なんて思ったりしていますが、どうなのでしょうか?
(すみません、移民の件とはあまり関係がないのですが)
2011.09.16 10:48 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."猫子さんへ"
コメントありがとうございます。
オーストラリアは過去10年間がバブルでした。
住宅を始めとする投資バブルもありましたが、
何と言っても世界的な資源の国ですから、
中国の成長と共に資源が高くなって、
バブルがずっと続いていたのです。
お陰で物の値段はかなり上がってしまいましたね。

世界的金融トラブルのお陰でやや成長は下がっています。
その反面資源はまだ値段が高く需要もあるので、
何とかバランスを溜まっているように見えますが、
経済的にはだいぶ落ち込んで来ていると思います。

物が高いのは困ったことですが、
平均時給がアメリカの2倍と言う人件費の高騰が、
製造業にとってはかなり痛手の所もありますね。
2011.09.17 12:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。