FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

チェンマイトレッキングツアー その3

泊まった民家で何を食べたのやら?
夕食も朝食も記憶にございません。
お家の人と同じようなご飯を食べていました。
残った物はそのまま床下へ、ブタの餌です。

翌日のハイライトは筏下りでした。
ラフティングのようなエキサイトした物ではなく、
竹で作った筏に乗ってのんびり川下りです。

川はそれなりに大きかったですが、
結構浅くて流れも緩やかでした。
当時は救命胴衣も身につけずに乗っていました。
安全基準もなかったのでしょうかね?
殆ど筏が揺れないので安全でしたが。

筏に乗っている間する事はありません。
周りの景色と言っていても山の中では、
特に興味ある風景もありませんでした。

日差しが強いので焼けそうです。
タオルを顔にかけてお昼寝をしました。
筏に上に居る事を感じないほどの揺れです。
ただし時々水が上がって来るので濡れますが、
頭は冷えて気持ちよかったです。

寝心地はそれほど良くありません。
竹ですから節のある所は痛いし、
空気枕のような物でもあれば
寝心地はもっと良かったかもしれません。

それが終わるとチェンマイの街まで車で移動です。
全く危険性のない初心者向けのトレッキングですね。
普通の運動靴で参加できます。
地元のガイドはゴム草履でしたからね。

でも私にとっては久しぶりの自然の中、
寺院などの観光地巡りより楽しかったです。
タイにも涼しい所があるのですね。
民家を見れたのは良い体験でした。

Bbrft.jpg
  筏でラフティング by Wayfare Travel


旅行情報
チェンマイのトレッキングツアー
http://www.wayfarersthailand.com/

関連記事

8 Comments

猫子 says..."No title"
写真の筏はひとり乗り用にみえたのですが、
一人じゃなくて、もう一人筏をこぐ人が
乗って進む感じですか?

写真では、筏は割と作りが簡単な感じなので
寝転んでたら、川に落ちそうなのかな?なんて
思ったけど、流れがゆっくりだから
大丈夫ということですね? 

このトレッキングツアーは、内容が豊富で
面白そうですね。


2011.06.27 08:48 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."猫子さんへ"
コメントありがとうございました。
あの筏は大抵お客さんだけで4~5人は乗れる大きなものです。
それに係の人が二人居たような気がします。

私たちはこがないで見ているだけです。
これを川下からどうやって運んで来るのかはしりません。
その方がコストが掛かりそうですからね。
2011.06.27 09:33 | URL | #- [edit]
Yottitti says..."No title"
チェンマイは北のほうなので少しは過ごしやすかったのですね。
トレッキングには、いろいろなコースがあるでしょうけど、筏でラフティングにも挑戦したのですね。なんとなく汚い川に落ちないか怖そうですけど、のんびりチェンマイの木々に触れられて楽しそうですね。

2011.06.27 12:51 | URL | #S0MVRpSc [edit]
takechan0312 says..."yottittiさんへ"
コメントありがとうございます。
チェンマイはバンコックに比べて暮らしやすいと思います。
お陰で日本人のリタイヤーの方も最近多いそうですが。

筏下りはラフティングなどと言う物ではありません。
ただ筏にのって川を下っているだけです。
川はバンコックのように汚くありませんね。
やはり上流ですから清流ではありませんが、
それなりに当時はきれいでした。
果たして今はどうなっているでしょうね。
2011.06.27 16:17 | URL | #- [edit]
かのちゃん♪ says..."すごいツアー"
象に乗るアドベンチャー、竹の筏で川くだり、民家の一階に豚・・これ全部体験しましたけど、これが1泊2日のツアーというのは初めて聞きました。けっこうハードですね!
しかも、布団もない民家に泊まるとは!!確かにチェンマイの朝晩は冷えますもんね。インドから続いて、ここでも過酷。。申し込む前に布団もない民家に1泊とわかってたら、私なら考えちゃうかも。。虫には刺されませんでしたか?
2011.06.28 11:30 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."かのちゃん♪ へ"
コメントありがとうございます。
一件難しそうに見えますが、初級者用です。
トレッキングも日本の野山を歩いているようで、
田舎育ちの私にはヘッチャラでしたが、
都会育ちのかのちゃん♪ にはハードかもしれません。

布団がないなんて行ってもくれませんでしたよ。
もう二度とあの民家には泊まりたいとは思いませんね。
寒かったので意外と虫は居なかったようです。
寒さで本当に震え上がっていましたから。
2011.06.28 19:25 | URL | #- [edit]
くろろ says..."No title"
ダンナはチェンマイからの2泊3日トレッキング&ボートツアーに参加したことがあります。
宿泊が民家だったかテントだったかは忘れましたが、シャワー施設はなかったそうです。
山の中は寒いと知っていたので、寝袋を持っていきました。
参加者は6人ほどで、山登り経験の豊富なダンナには問題ありませんでしたが、他の参加者の中にはハードに感じる人もいるようでした。やはり、そこまで寒いと知らなかった人もいたみたいですよ。
でも、ダンナもツアーから帰ってきたらホテルの熱いシャワーが嬉しかったらしいです(笑)

川を遡るのでボートなんですが、川下りは筏なんですね(驚)
これに数時間乗ってると、体中がこりそうですね。
takechanさんも、後で体が痛くなりませんでした?
2011.07.02 20:24 | URL | #vp8meGQs [edit]
takechan0312 says..."くろろさんへ、"
コメントありがとうございます。
そうですかダンナ様も挑戦されたのですね。
しかし二泊三日とは私より長いツアーですね。
その分中級クラスだったのかもしれませんね。

あの竹の筏、多分体が痛くなったと思いますよ。
何せ座布団なんかはないし座る所もありません。
寝ていても節が痛いし、水には濡れましたからね。
でも今なら良い思い出と言えますが。
2011.07.02 20:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。