FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

タカさんのお母さんが来た日 

Posted on 01:05:42

それは引っ越しして3か月ほどしたころ、
たかさんのお母さんがやってきました。
「明日来るらしいよ」と
友人から前日に話を聞きましたが、
本人からは何も言われませんでした。

その日まで私にとって
イライラする日が続いていました。
やっと親子とのシェアーに慣れたのに、
もうひとりシェアーが増えるとは?

相談されていたら覚悟も違いますが、
当日まで一言も切り出されずに、
内緒にされたままでした。
私にとって誰か人が増えることよりも、
挨拶もないことが鬱憤でした。

その日私の仕事は昼からでした。
日本からのフライトは朝到着ですが、
お母さんに会う前に家をでました。
いつもの出勤時間なら会っていますが、
その日はいつもよりうんと早く出て、
お母さんと会わないように出ました。

仕事をする前にストレスを溜めたくない
気分よく一日仕事をしていたいです。
職場はとっても忙しくて休む暇がない程、
それだけでストレスが溜まるものでした。

仕事は夜の8時半まで、
毎日疲れて戻ってきました。
家に到着するのは夜の9時半、
シャワーを浴びてすぐに寝たいです。

ところが家のドアーを開けると、
すぐに彼の部屋の扉が開いて、
たかさんとお母さんが飛び出して来て、
丁寧に挨拶を始めました。

疲れているからとも言えず聞いていると、
どんどん長引いてしまいそうです。
私のことを察してくれない二人に、
もう少しで切れてしまいそうでした。
dnsw5228.jpg
      王立植物公園にて

関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - シドニー  シェアーハウス  長期滞在 
オーストラリア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ