FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. » 03

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アラスカの州旗を考案した少年 

Posted on 01:03:18

ロシア人アレクセイ・チリコフが
1741年7月15日、陸地を発見したのが、
アラスカにおける白人の歴史の始まりでした。
その後カワウソ狩りをして
ロシアの領土して毛皮交易が始まりました。

1799年、ニコライ・レザノフは
パーベル1世から勅許を受け、
極東と北アメリカでの
植民地経営と毛皮交易を目的とした、
ロシア帝国の国策会社として
「露米会社」を設立しました。

クリミア戦争で負けたロシアは、
1867年にアラスカを売却しました。
その時の国防長官がスワードです。
そしてアメリカの領土になったアラスカは、
露米会社の旗に変わり
アラスカの国旗を掲揚し始めました。

1912年アメリカの準州になったアラスカは、
州の旗を作ることにしました。
一般公募には700以上の応募があり、
その中からスワードに住む13歳の少年、
ベニー・ベンソンのデザインが選ばれました。

彼が描いたのは北極星と北斗七星。
北斗七星は北の大地のシンボルです。
そして大熊座の中にありますが、
アラスカ生息するクマを表しています。
そして北極星は「北を目指す」と
アラスカの将来を意味しているそうです。

州旗は濃い青色ですが、
これは漁業資源が豊かな
アラスカの海を表しているそうです。
星は金色に見えますが、
ゴールドラッシュで栄えたアラスカ
その「金」とも重ねているようです。

はして13歳の少年がそこまで思案したか?
なんて私には想像できませんが、
スワード市の入り口に記念して、
アラスカの旗と彼の記念碑があります。
lskfl.png
    アラスカ州の旗 by wiki







関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  スワード  州の旗 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ