FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

キャプテンクックが「引き返せ」と言った入り江

アンカレッジ出発が15時ですが、
まだ真昼のような明るさです。
そのころは暗い夜がない白夜、
夜でも明かりなしで歩けました。

アンカレッジの市内をでると、
ターンアゲイン入江沿いに通ります。
アンカレッジから東に延びる
チュガチ山脈とキーナイ半島の間にあります。

その昔キャプテンクックが来たとき、
彼らの一行は船でいける入り江や川を
一つ残さず探検して記録に残しています。
当時は地図もなかったので、探検して、
記録を残して、地図を作っていったようです。

この努力が北米を英国の領土、
そして英語圏へと導いたわけですが、
ロシア人がそのままアラスカを持っていれば、
ここだけはロシア語圏になっていたかも?
それともフランス人が少し早く進出したら、
カナダとともにフランス語圏になっていたかも?
歴史は大きく変わったことになります。

ここに入ったキャプテンクック一行は、
細長い入り江を通り抜けれると思いましたが、
40km以上も中に入って初めて、
行き止まりと知り「引き返せ!!」
Turnagain=ターンアゲイン入江と名付けました。

せっかくここまで来たのに悔しかったでしょうね?
でも引き返すのも大変だったようです。
というのもここは世界でも1,2番と言われる、
海の干潮差が激しいところです。
その干潮差は10m以上あると言われています。

plm1921.jpg
   ターンアゲイン入江 by wiki




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。