FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

シャーマンの市庁舎に住むカップル 

Posted on 01:01:14

アラスカ鉄道沿いに家が点在していますが、
殆どの家が列車から見ることができません。
そんな中でこの列車が通るのを、
何十年も楽しみにしている人がいます。
シャーマンシティーホールに住む
マリーさんとクライドさんカップルです。

彼らは若くしてカルフォルニアで結婚、
ホームステッド法を利用して、
50年前にアラスカに移り住みました。
最初はワセラで開拓しましたが、
その後現在の家がある所に移り、
シャーマンシティーホールと名付けました。

ここで子供たちを育て上げましたが、
アラスカ鉄道が二人にとっては、
外の世界とを結ぶライフラインでした。
食料や灯油など自給できないものは、
街で買って、この列車で運びました。

マリーさんはアラスカでの生活を
何冊かの本にして出版しています。
希望者がいると、列車は停まってくれ、
家の前で売店で買うことができます。
もし彼女が家にいるときは、
1冊づつサインをしてくれます。

お二人は結婚してすでに65年、
去年「世界結婚デー」に開催された、
「北米最長結婚歴カップルコンテスト」に
アラスカ代表として選考されました。

仲のよさに秘訣があるでしょうが、
どちらも健康でないと続きませんね。
ふたりでいる限りここを離れず、
乗客を楽しませてくれることでしょう。

hct1907.jpeg
    シャーマンの市庁舎ですか?

関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  タルキートナ  ハリケーン列車 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ