FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

たどりつけば、アラスカ 

Posted on 01:04:00

アラスカ鉄道が開通したから
約50年後にパークスハイウェイが完成、
デナリ国立公園に来るお客さんは増えても、
タルキートナは人口も殆ど増えず、
観光客もあまり訪れませんでした。

1960年から70年代にかけて
大きな流れを変えたヒッピーたちは、
このアラスカにもたくさん来ました。
ホームステッド法を利用して、
ここで生活を試みた人もいるようです。

ヒッピータウンと言われる街が、
アラスカにもいくつかありますが、
1990年までマリファナが
合法だったアラスカには、
たくさんのヒッピーが移り住みました。

そのひとつがタルキートナです。
夏の間工芸品を売ってお金を稼ぎ、
残りの7か月間は何もしない生活。
まるでヒッピーの暮らしそのままです。

「たどりつけばアラスカ
   ~Northen Exposure」という番組が
1990年代にアメリカで放送されました。
ロケはシアトル郊外で行われましたが、
その物語の舞台が、この街と言われています。

物語はヒッピーとは関係ありませんが、
アラスカで暮らす人たちの中には、
「何故ここに流れ着いたのか」
と尋ねたくなる人たちも多いようです。

お隣さんとの間に適当な距離があり、
人間よりも野生動物の数が多いアラスカ、
この街で暮らしてみると虜になるかも。

tkn1910.jpg
   タルキートナで一番有名な店


関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  タルキートナ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ