FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

和田重次郎の足跡が残る犬ぞりレース 

Posted on 01:02:26

ノームまで血清を運んで、
たくさんの人たちの命を救った、
犬ぞりチームの大活躍は
アメリカ中で脚光を浴びました。

しかしゴールドラッシュも終わり、
飛行機による輸送時代を迎え、
スノーモービルが使われるようになると、
先住民たちも使っていたこのトレイルは
忘れられた存在になってきました。

アラスカの歴史の中で活躍した犬ぞりと、
このトレイルを忘れないようにするために、
犬ぞりレースを開催するように、
動き出した人たちがいました。

そして最初のレースが1967年に、
わずか40kmのコースで開催されました。
そして1973年からは、
ノームをゴールに決めた長距離レースが
開催されるようになったのです。

和田重次郎が開拓したルートが、
世界的な犬ぞり長距離レースに、
スワードには彼の栄誉と称えて、
大変すばらしい銅像があります。

ホワイトホースとフェアバンクスを結ぶ、
犬ぞり長距離レース「ユーコンクエスト」も、
犬ぞりで金を運ぶために、
和田重次郎が開拓したルートを
そのまま使っているそうです。

世界的な二つの犬ぞりレースに
活躍した日本人の足跡が残っています。
たくさんの日本人に参加して欲しいですね。

resurrection-bay-memorial[1]
スワードにある和田重次郎の銅像


関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  犬そりレース  アディタロッド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ