FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

モレーンレイクに着水すると

水上飛行機はデナリから流がれ出る、
一番長くて大きなルース氷河に注いている、
山の後ろ側の小さな氷河が溶けてできた、
モレーンレイクに着水しました。

モレーンレイクが正式名称か分かりません。
モレーンとは体積という意味があります。
氷河が前進した時に運んだ土砂の山、
後退するときにその土砂が土手のように
堆積状の丘や山のようになります。

氷河が後退すると必ず湖ができます。
氷河の多いアラスカ各地には、
現在作られている湖もたくさんあります。

このモレーンレイクは、
ルース氷河のほぼ中央の脇にあります。、
デナリがすぐ真上に見えるほどです。
山が高いので、標高差もありますが、
デナリに登山をする人以外では、
もっとも簡単に山に近づける場所です。

湖の側にドックがあり、
ガイドが投げられたロープを引っ張り、
水上飛行機を岸に近づけてくれます。
私たちは濡れずに降りることができます。

パイロットは普段ここに来ると、
お客を乗せて帰るときもありますが、
今日は他にツアーが出ないので、
私たちが戻って来るまで待つようです。
往復のガソリン代も馬鹿になりません。

そこからガイドと一緒にテントへ、
そこでハイキングの準備をします。
レインコートや長靴もありましたが、
その日は風も雨の殆どなかったので、
そのままの装備で歩くことにしました。

k2f1903.jpg
 水上飛行機が着水したモレーンレイク



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。