FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

急流の難易度について、

このブログを訪問してくださる方には、
リタイヤされた方も多いと思います。
若くても30代という所でしょうか。
ラフティング(急流くだり)なんて、
体験したことないという人もいるでしょうが、
この急流は世界的にグレード分けされています。

ニセコでツアーを催行しているウッカさん
サイトを参照させていただきました.。
長くなるので、その続きからご覧ください。

Devils's Canyon Adventureで行くのは
グレード5~6と言われています。
ボートを操縦するキャプテンが、
いかに巧みな技術を必要か分かると思います。

グレード1
静かな流れ。水面に波が立たないか、
さざ波程度の小さな波しかたたない瀬。
昔タイでやった竹いかだのツアーですね。

グレード2
中くらいの波が続くが、険悪な障害物がなく、
素直な流れで見通しの良い瀬。
リバーフロートはこれに当たります。

mjb1906.jpg
    グレード6に挑戦しますか?



グレード3
大波が連続したり、不規則な大波の発生する瀬。
障害物も増え、流れを読む力や
的確な進路変更の技術を要する。

グレード4
船を転覆させるほどの大波や渦が発生し、
下見の必要な瀬。時として険悪な障害物も出現し、
これらを回避するための高度な技術や
判断力に加え、レスキュー能力も要する。

グレード5
非常に大きな波や渦、障害物の連続する、
長く複雑な瀬で、生命の危険もある。
高度な技術、判断力が必要なのはもちろん、

下見やレスキューについても、
万全の態勢で臨む必要がある。

グレード6
究極の進路選択が必要な極限状態の瀬
。一般的に、生命の危険なくしては
降下不可能とされているそうです。

英語と日本ではニュアンスが異なりますが、
英語のサイトの写真がありますので、
クリックから行って参照してください。

関連記事

2 Comments

みのじ says...""
挑戦します、します!!
2019.02.12 03:32 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."みのじさんへ"
コメントありがとうございます。
是非アラスカに遊びに来てください。
私、このツアー大好きでした。
無料で行けるから、給料安くても、、、。
アラスカに戻ってしまいます。
2019.02.12 06:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。