FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アラスカ独特のシステム?

私は夏の間しかアラスカにいないので、
冬のことは殆ど知りませんが、
餌が少なくなる冬の期間は、
アンカレッジ市内の道路を歩く、
ムースを見かけることがあるそうです。

年間400以上のムースが、
ジョージパークスハイウェイで
事故にあって死んでいます。

観光客、交通量の多い夏の方が
事故が多いと思っていましたが、
実は12月から3月にかけてが、
ムースの事故は多くなるそうです。

ムースの餌が少なくなるので、
人が住む都会まで出てくるだけでなく、
歩きやすいハイウェイに出てきます。

ムースが活動するのは日の出や日没、
この時間帯は出勤や帰宅など、
人が車で移動すころと重なります。
そのために事故が多発するようです。

事故死した野生動物を食べることを
法律で禁止している州もありますが、
タンパク質源が少ないアラスカでは、
事故死したムースを食べれるからこそ、
豊富に得ることができます。

事故死するのはムースだけでなく、
あるときは熊などもいます。
そして事故死した馬なども、
このシステムの対象になっています。
人口が少なく広大な土地を持つ
アラスカだけのユニークな制度です。

dnp1216.jpg
    アラスカの野生動物 ムース

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。