FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

二人の会話はスペイン語です 

Posted on 01:03:35

沖縄生まれのKOさんは、K子さんと一緒に、
このゲストハウスを経営していました。
実は二人が兄妹だとハッキリ分かったのは後日で、
「どんな関係なのかしら?」と思っていたのです。

仲良くなったK子さんから聞いた話では、
二人は戦後沖縄で生まれましたが
まだアメリカの占領下にあった時代に、
両親と一緒にペルーに移民したそうです。

両親はそこでレストランとお店を経営、
比較的商売はうまくいっていたようです。
お兄さんは日系ペルー人と結婚しましたが、
国の情勢が悪くなったので、
皆でアルゼンチンに移ることになりました。

妹さんはそこでアルゼンチンの男性と結婚、
しかし両親が日本に戻ると決めた時に、
子供を連れて日本に戻りました。

日本に戻るとすぐに友人から話があり、
ご両親がロサンゼルスの不動産を買って、
アパート経営を始めたと聞きました。
しかし年老いた二人に不動産経営は大変で、
お兄さんがペルーから来て手伝いました。

ご両親が年老いてくると、
妹さんも手伝いに来るようになり、
それからここに住むことになったそうです。

二人は日本で生まれましたが、
小さい時から南米で生活していたので、
スペイン語が日常語になるそうです。
アパートの住人と話すときは日本語、
アメリカでの生活は英語となります。
しかしこの周辺にはヒスパニック系が多く、
英語よりもスペイン語が重宝していますが、、。

photo0jpg[2]
     ロサンゼルス市内の風景





関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ロサンゼルス  日本経営のゲストハウス 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ