FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

サバイバル知識「火のおこしかた」

デナリウィルドネスツアーはホテルに戻る前に、
ガイドさんたちが宿泊しているロッジによって、
お茶とてづくりのクッキーを頂きました。
ここでは外で暖を取りながらガイドさんから、
遭難した時のサバイバル方法について
簡単なレクチャーを受けることになりました。

アラスカは夏と言っても寒いので、
遭難した場合には「体が温めるかどうか」で
生き残れるかどうかが決まってきます。

ライターやマッチを持参するのは必須ですが、
もし使えなかった場合「どうやって火を起すか?」
「どうしたらその火を保つことができるか?」
その知識があるかどうかによって
サバイバル率がぐ~んと上がります。

木を擦り合わせて火を起すというのは
時間かかるので今日はやらないけど、
そのやり方だけは教えてくれました。

次に虫眼鏡などレンズを使うやり方、
もしレンズがないときは氷や、
水を入れたビニール袋でも代用できます。
太陽が出ていないと出来ませんが、
その日は皆で練習して火を起しました。

私が一番びっくりしたのは
9Vの乾電池とスチールウールでした。
ほぐしたスチールウールのそばに、
乾電池の突起部分を近づけるだけで、
発火しますが、燃えるものが必要です。
どんな条件でも火をつけることができます。

ファイヤースターターも必需品ですね。
これはマッチのように消耗することなる、
永久とは言えなくても長く利用できます。

alaska-nature-guides[1]
  火を起せるかが、サバイバルの条件



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。