FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ホテルも自家発電生活(オフザグリッド) 

Posted on 01:03:36

電気が通っていない建物を
オフグリッド」と呼びますが、
リゾートホテルも「オフグリッド」でした。

私がいた寮の近くに
大きなラジエータールームがあって、
ホテルで使う電気を発電していました。
離れたところにディーゼルの貯蔵庫があり、
近くを通ると臭い匂いがしました。

でも寒い日はそばを通ると温かいのです。
建物からはいつも湯気が出ていて、
ちょっと温泉の雰囲気もありましたね。

寮の部屋は暖房がありお湯も出ましたが、
こちらは各寮に取り付けられた、
プロパンガスで沸かしていました。
寮と言ってもたくさん部屋があるので、
タンクもあちらこちらありました。

リゾートホテルで使うプロパンガスのタンクは、
ホテルの建物から離れた所にありました。
もしそれが何かしらの原因で爆発したら、
ホテルの建物が破壊されるだけでなく、
ゲストに怪我をさせてしまいますからね。

皆が使う水道だってオフグリッドです。
僻地では上水道も下水道もありません。
何百メートルも掘って地下水を利用しています。
その水質はボトルウォーターよりも美味しくて、
水は買わずにボトルを再利用するよう
ゲストにはお勧めしていました。

すべてが自給生活のリゾートホテルでも
お影で不便な生活はしていません。
文明の有難さを感じていますが、
この大自然の中に暮らしていけることは、
最高に幸せな日々でした。

canoe-exploring-around[1]
   タルキートナ by Tripadvisor
関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  リゾートホテル  オフグリッド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ