FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ドライバーをする楽しみ 

Posted on 01:03:44

私がバンを運転するのが大好きだったのは、
チップが貰えるだけではありません。
だいたいゲストを乗せたのは数回のみで、
同僚を乗せてアンカレッジまで行ったり、
忘れた荷物を届けたりするのが多かったです。

でも勤務時間にリゾートホテルを離れて、
他の場所に行けるのが嬉しかったです。
特にスタッフを送ってアンカレッジに行き、
タルキートナまで戻るときは余裕がありました。

アンカレッジからタルキートナまでは、
約1時間半で移動することができます。
列車の出発を見送る必要もないので、
スタッフを降ろしたらすぐに移動しました。

途中で朝食兼昼食を取りました。
ホテルに戻るまで食事の時間はなく、
食べておかないと食事にありつけません。
社食でランチをオーダーできましたが、
好きな物を食べる方が嬉しいですね。

例え自腹でもリゾートホテル以外の食事を
「今日は何を食べようかしら?」と
自由に選べるのが嬉しかったです。
ましてや車と言う足があるので、
普段は行けないところも行けました。

絶対に行くチャンスのないようなレストランに入り、
食事をしてみるのが楽しみになりました。
タルキートナには中華がなかったので、
あるとき東京レストラン(ワセラの中華)に行ったら
ウェイトレスが日本人でびっくりしました。

そこには3人も日本人女性が働いていました。
当時はアラスカの日本人と接触がなかったので、
こんな遠くに来てと本当に驚いてしまいました。
でも二度も入りたくなる味ではなかったです。

swans[1]
   アラスカの夏に成長する白鳥

関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  リゾートホテル  ゲストサービスホスト 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ