地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

フロート(釣銭)の清算

私達がツアーデスクで利用していた釣銭を
英語ではフロート(元金)と呼んでいます。
毎朝300ドルずつ渡されました。
アメリカは1ドル札があるので、
あまりコインは必要ありませんでした。

スーパーバイザーにフロートを渡されると、
お金を確認して引き出しに入れていました。
鍵が掛かるようになっているので、
シフトの間はいつも鍵を持っていました。

その引き出しは誰にも使わせないように、
少額の札が必要な時には、
お互いに両替するようにしていました。

シフトが終わると清算が待っています。
ツアーの売り上げを伝票にだして、
それぞれのバウチャーごとに確認します。
クレジットカードの売り上げもスリップにし、
それぞれレポートの記入することになります。

以前カフェで働いた頃とことなり、
現金が合わないことはありませんが、
合うまで原因追及しなければなりません。
10ドルとかの少額のミスなら
シャトルバスの売り上げが原因の時もあります。
そのために最後にPCに入力するときもありました。

時間に余裕があるときは、売り上げを確認して
引き出しに入っている現金と合わせていました。
クレジットカードの売り上げが間違っていると
何百ドルと合わな時もありましたが、
その時は数字の入力ミスが多かったです。

常に間違えないように注意はしていても、
たまに間違えてしまうのが人間です。
お客さんに頼んでツアーデスクに来てもらい、
一度クレジットカードで返金した後に、
正確な金額をチャージしたこともありました。

dnl4257.jpg
  デナリ国立公園 by Tripadvisor


関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."精算"
お金の管理は難しいものです
ピタリとあって当たり前・・・
それだけに合わないときは、ううむとなるでしょうか
少額であってもペナルティとかはなかったのかしら?

こういうきちんとしたお仕事を任されるってのは
それだけ会社から信用されてたって証拠になるのでしょうね(*^^*)
2018.06.12 19:11 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."管理栄養おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
レストランと違ってツアーの場合は、
取扱件数が少ないので生産は楽でした。
カードでの支払いが少ないのと、
1,2ドルの支払いがないので楽でしたよ。
私のセクションは全員やっていたので、
特に任されているというのではないですね。
2018.06.13 19:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。