FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

8時にツアーの空席確認 

Posted on 01:02:49

8時になるとツアー会社に電話を入れ、
その日のツアーの残席を確認しました。
前日にツアーデスクをクローズする前に、
一応最終確認をしていますが、
それ以降に予約は入ることもあり得ます。

ホテルから出発のツアーなら、
それ程人数変更もありませんが、
タルキートナからの出発のツアーは、
周辺にホテルやゲストハウスもあるので、
予約が入っている可能性もあります。

インターネットで予約できる現在、
24時間予約を受け付けています。
それ程緊急ではないにしても、
デナリ滞在が短い旅行者ばかり、
どうしても参加したツアーはあるはずです。

たまにキャンセル待ちの人もいました。
予約リストの所にキャンセルがあればと、
一応部屋番号と名前を入れておきます。
GHS同士の連絡用のノートには、
キャンセル待ちの携帯番号を書いておきます。
これならお客さんが部屋にいなくても、
簡単に連絡を取ることが可能です。

ホテル到着後にデスクでツアーを予約し、
代金を払うと、バウチャーを発券します。
バウチャーを一度発券してしまうと、
たとえ1分後でもキャンセル料がかかります。

クルーズと一緒にツアーを申し込んだ人は、
マニフェスト呼ばれる予約確認の用紙に、
申し込んだツアーが記入されています。
シャトルバスに乗るときも必要なのですが、
部屋に忘れてくる人も多かったです。

「これがないとツアーに参加できません」と
説教して、プリントしてあげていました。
実際は予約リストで確認は取れますが、
問題が発生するのを防ぐための対処策です。

denali-view-raft-adventures[1]
 リバーラフティング by Tripadevisor



関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  リゾートホテル  ツアーデスク 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ