FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

7時は遊覧飛行の確認

7時になるとゲストサービスホストは。
一番目のシャトルバスが出る前に、
デナリの遊覧飛行を催行している
K2エビエーションに電話入れて、
遊覧飛行の状況を確認していました。
ツアー会社では毎朝セスナを飛ばして、
遊覧飛行や氷河の状態を確認しています。

天気が良くても風が強かったり、
デナリの周辺が天候不順の時は、
遊覧飛行がないときもあります。
そのため遊覧飛行が飛ぶかどうか、
確認の電話を入れていました。

バスがタルキートナに到着するまで、
1時間はかかるので天候も変化します。
良い方向に変わることを願いますが、
朝から雨が降り、雲が厚かったりすると、
遊覧飛行がキャンセルになりました。

遊覧飛行がキャンセルと分かっていたら、
そんな悪天候の中、シャトルバスに乗って、
タルキートナまで行きたくない人もいます。
遊覧飛行がキャンセルかどうかの判断は、
ツアーデスクではできませんでした。

雨だからとお客さんがキャンセルすれば、
キャンセルチャージの対象になりますが、
ツアー会社がキャンセルと判断しない限り、
遊覧飛行の代金はリファンドされません。

そのためにわざわざ行ってもらうことあります。
刻々と変化する山のお天気ですから、
それに合わせて何度も確認します。
絶対に遊覧飛行機ができそうなお天気でも、
「キャンセルになったの」と戻ってくる
お客さんを何度も見かけました。

33351[1]
  K2Aviationのセスナ by K2.com



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。