地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ドライフルーツシーズンは若者が多い

夏のシーズンは長いと言っても、
ドライフルーツが作れるシーズンは短いです。
その間はたくさんのボランティアが必要で、
スープシーズンの2倍ぐらいいるそうです。
そこで周辺の学校と協力して、
ボランティアのプログラムをやっています。

アメリカではボランティア
受領のカリキュラムに入れているところもあり、
強制的ではなくても一年間に何時間か
ボランティアしなければならないようです。

毎日違う生徒がくると指導も大変なので、
やはり一週間ぐらい滞在します。
先生も含めて50人以上はくるそうです。
そのために普段は使わない寮がありました。

見せてもらったけどそこは3段ベッド、
ユースホステルよりも悪い条件です。
一部屋に30人以上は入りましたね。

大人のボランティアには無理です。
天井にも使えそうな上段のベッドは、
年配者には絶対に寝れませんよ。
10代の若者たちばかりなので、
きっと楽しくやっていることでしょう。

金曜日は小学校や幼稚園の生徒が、
ボランティアに来ていました。
ハッキリ言ってあまり手伝いになりませんが、
ボランティアの重要性を小さいときから
教えるために受け入れているそうです。

アメリカの助け合いの精神は
豊かな人が貧しい人を助ける心ですが、
日本のような村の共同体とは
違った精神を学ぶことができました。

19983580_1785296338154124_7025709216168941998_o[1]
     ボランティアする若者たち


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。