地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ボランティアの食事をどうする?

ボランティアの人たちに食べさせる食事を
調理できないというのは大きな問題です。
サンディエゴのグループはどうするか、
その日のうちにミーティングを開きました。

シャワーが浴びれない、水が飲めない!
年配の人たちは特に病気になりやすいので、
予定を繰り上げて帰宅することになりました。

同じカルフォルニアと言っても、
サンディエゴまで6時間はかかります。
その日の午後に出発する人もいましたが、
夜に運転するのは危ないというので、
翌日に帰ることにした人もいました。

ボランティア活動も中止され、
慌ただしい雰囲気に包まれました。
事務所では原因追求も必要ですが、
来週のグループをどうするか
リーダーの人たちが話あっていました。

施設にはいくつか井戸があるそうです。
ひとつが渇水した時に困るので、
2本あるけど、3本目を建設中だそうです。
メインの施設で使っている井戸から
大腸菌が見つかったそうです。

スタッフの住居で使用している井戸は、
問題がないので食事も作れます。
でもそこで皆の分を作るような
設備は整っていませんでした。

その日私はDTSの学生さんたちに
一緒に食事をするよう誘われました。
台所にある材料で調理するので、
食べにおいでよと言われたのです。

18813991_1734747056542386_844686376828425334_n[1]
   ボランティアした施設の台所



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。