地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

水道水から大腸菌が

サンディエゴから来たグループが、
ボランティアをしている週の半ば頃、
施設では大きな問題が発生しました。
施設の水道は何百メートルも堀った
地下水を利用していますが、
そこから大腸菌が出たというのです。

施設にはスタッフやボランティアを入れると、
100人以上の人たち滞在しています。
このような施設では定期的に
水道水の水質検査が義務付けられています。
最後の検査で大腸菌が発見されたという
連絡が保険局からあったそうです。

私達は毎日この水で調理された物を食べ、
そのまま飲料水として利用していました。
顔を洗ったり、歯を磨いたりしていましたが、
私が来てから誰も「お腹が痛い」と
訴えた人はいませんでした。

食堂に皆が集まると施設のリーダーから
保健局の連絡と健康状態について
詳しく説明と報告がありました。
早速先週来たミシガンのグループにも
電話を入れて訪ねたそうですが、
下痢などの症状はでていないそうです。

大腸菌が発見されたともなると、
その水で調理することはできません。
もちろん生水で飲むこともできません。
早速施設では大量の水を購入して、
それを飲むように言われました。

一度沸かせば菌は死んでしまいますが、
シャワーの時に口に水が入らないように、
うがいや歯磨き、手洗いなどは、
充分注意するように言われました。

19958922_1787837777899980_7780833092903246913_n[1]
    ボランティアする人たち

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。