FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

木曜日の夕食は「最後の晩餐」

子供がいるスタッフの人たちは、
夜食堂で食事することは少なく、
住居で家族ごとに食べていましたが、
週に一度木曜日の晩だけは、
全員食堂で一緒に食事をしました。

ボランティアの人たちは、
殆ど金曜日に出発するので、
その人たちを労う特別ディナーです。
「最後の晩餐」とでも言うのでしょうか。

木曜の特別ディナーは毎週テーマが決められ、
そのテーマによってメニューも変わりました。
食堂がきれいに飾り付けられたり、
スタッフによるバンドも入りました。

ここで食事をしないボランティアの人もいます。
キャンピングカーでやってきた人たちは、
住むのも食べるのも自分の車の中ですが、
この特別ディナーには参加していました。

その時にボランティアした感想を
代表者の人たちが話していました。
延々と2時間以上続くこともあります。
そのあと話こむ人たちもいました。

知合った人と住所交換するには、
木曜日の晩が一番良かったです。
それ以外の日は夕食時間も短いし、
食事の後は後片付けと掃除があるので、
何となく落ち着かなかったのです。

でも木曜日だけはDTSの皆さんが
後片付けをしてくれるので楽でした。
部屋に戻って、出発の準備があるけど、
私はもう二週間も滞在するので、
残って一緒に後片付けを手伝いました。

17862483_1677394752277617_5456282367490528117_n[1]
    台所で調理するスタッフさん

関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."スタッフ"
様々な施設があるとシステムの違いはあるでしょうが
研修プログラム?が確立してると交代するのもスムーズかな。

木曜日?
キリがいいのは日曜じゃないかなあ
なんて思うのは日本的発想でしょうか(*^^*)
2018.02.09 21:36 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."管理栄養おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
ボランティアグループは日曜日に来て、
金曜日に戻っていきます。
そのために木曜日が最後の夕食、
そのために晩餐となるわけですね。
週末は自炊ですから、みんな勝手に食べています。

このDTSは神の弟子になるためのコース。
段階的にいろいろコースがあるようです。
スタッフになる人もいれば、ならない人もいます。
諸経費が払えれないとスタッフにもなれません。
2018.02.10 08:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。