地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アラスカでプロボーズされた友人

ボイシーには朝の7時に到着しました。
アラスカで知り合った友人と言えども、
まさか7時に迎えに来てと言えるほど、
私も図々しくはありませんでした。
彼女の都合を考えて9時ごろ、
それまで朝食を食べて待っていました。

コニーとはアラスカの同じホテルで働き、
職場も近かったので友人になりました。
コーヒーも紅茶も飲まないので、
私のカフェに来たことはありませんが、
友人を通じて、お互いの休みの日に、
一緒に出掛けるほど仲良くなりました。

彼女はクラフトが大好きでしたが、
自分の車でアラスカまで来ていました。
帰りに一人で運転するのは辛いので、
一緒に旅をしないかと言われました。

ところが彼女の友人が遊びに来て、
アラスカでプロポーズされたのです。
結局その彼が仕事が終わることに戻り、
一緒に運転して帰ることになりました。

この2年の間に二人は結婚して、
(どちらも60代後半で再婚です)
彼が家を購入したボイシーに住んでいます。
それまでソルトレイクに住んでいましたが、
同じ職場で一緒に働いたこともあるそうです。

旦那さんが亡くなって退職してからは、
夏の間だけ各地のリゾートホテルで
旅行を兼ねて働いていました。
いつも小さなキャンピングカーと一緒に
リゾートホテルまで移動していたそうです。

そしたら自分の家に住んでいるのと一緒。
他のスタッフとルームシェア―することのなく、
自分で好きなものを作って食べれます。
それにたくさんの荷物を持ってきていけます。
アラスカだけは遠いので車だけで来ていました。

idaho2.jpg
   アイダホボイシ― by wiki




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。