FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

カナダに永住した時

トロントは、私が初めてカナダで住んだ街です。
最初の海外生活はドイツでしたが、
会社に採用されて派遣されたので、
ビザの手続きから航空券の手配まで、
すべて会社で準備してくれました。

他に採用された人たちと一緒に行き、
修学旅行ののりで成田から出発しました。
海外生活に憧れていたので、
全く言葉の通じない国でも楽しかったです。
仕事は和食のレストラン、仲間は日本人、
日本で生活しているのと同じでした。

カナダは自分で移住を決めて、
大使館で申請して受理されましたが、
移民手続きから航空券の手配まで、
すべて自分でやったものです。

誰にも聞けないので心細かったけど、
永住権を手にしたときは、
達成した満足感がありました。
しかし実際は到着してからこそ、
大変なドラマの始まりだったのです。

最初に到着してロサンゼルスのホテルで、
盗難にあい全財産を取られたときには、
人生の中で一番のショックでした。
それは私が3年間ホテルで働いた時、
一生懸命貯めたお金と同じ金額。
これからカナダに行ってからの軍資金でした。

しかし日本に戻ることはできません。
取り合えずトロントに到着して、
永住権を正式に手に入れてから、
どうするか考えることにしました。
トロントに送金してもらうまで、
二か月ほどカードで暮らしていましたが、
それが私を鍛えてくれたと思っています。

永住権は入国してから
日本で海外の永住権を申請できますが、
実際に正式に永住権が許可されるのは、
その国に入国して、手続きをしてからです。

カナダ大使館から「永住権許可」の書類をもらって、
カナダに期間内に入国しなければなりません。
入国審査で「移住」というと別室に連れていかれ、
それらの書類にサインをしてくれます。
そして正式に「永住手続」となります。

実際はそれから保険や保険番号など、
いろいろと手続きをしなければなりませんが、
国によって事情が違うので面白いですよ。

Uoft_universitycollege[1]
     トロント大学 by wiki




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。