地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

大家さんに会いに行く

ラスベガスで部屋を借りていた時の
オーナーだったコンチ―ナに連絡すると
「何処にいる、すぐに会いに行く」と言ったので、
彼女の家まで送ってもらうことにしました。

彼女は部屋を貸して、宴会でバイトをする、
私がいたころと同じような生活をしていました。
リーマンショック以来アメリカの経済は悪く
良い仕事は見つからないと言っていましたが、
部屋がちゃんと埋まっているので、
何とか暮らしていくことができるようです。

彼女はドライブに連れて行ってくれました。
ラスベガスから車で1時間の所にあるメスキート、
ユタ州との州境にあるカジノリゾートです。
ユタ州はカジノが合法ではないので、
そちらから来る人たちも多いようですが、
ラスベガスのローカルの人たちが、
気分がてらに出かけていくところでもあります。

彼女が良くいくというバージンカジノで
バイキング形式の夕食を食べました。
今日はお昼に食べたばかりなので
そう食べれるものではありませんが、
たわいない話で過ぎていきました。

今は女性の人が入居して、
二年ぐらい一緒に住んでいるそうです。
住人がすぐに交代することもいますが、
長く住んでいると友人になれると話していました。

私の知っている住人はもういないですが、
ラスベガスに来るたびに友人に会えるのは、
ここが私の故郷のひとつということです。
また働く機会はないかもしれないけど、
ラスベガスで住んでいた3年間は、
私にとって大事な思い出です。

20170822_174920_convert_20170914151244.jpg
     ヤナギランの綿毛

2017年の旅より
アラスカを代表する花として
ヤナギランを紹介したことがありますが、
今年は8月に来たために、
ほとんど見ることができませんでした。

ヤナギランに綿毛ができると
麓にもそろそろ雪が降ると言われ、
カレンダー代わりに使われます。

綿毛が飛んでしまうと、
アラスカにも冬の訪れです。
この花を見ながら悲しむ
アラスカ人もいます。











関連記事

2 Comments

孝ちゃんのパパ says...""
こんばんは。

メスキート!
話しの流れからひょっとして通ったのではないのか?
と思って検索してみました。

あの時、セントジョージの先から右へ曲がって行きましたからね。
ちょうど中間あたりにあったのですね。
間違いなくすぐそばを通っていました。

そして検索で出てきました。
あのラスベガスの乱射事件!

犯人はこの町に住んでいたのですね。
ビックリしました。

以前からこの犯人がここに住んでいたのならば
takechan0312さんはすれ違っていた可能性もありますね。

驚きました。
2017.10.08 01:19 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."孝ちゃんのパパさんへ"
コメントありがとうございます。
セントジョージに行かれていたら、
絶対にメスキートと通っていらっしゃいますよ。
モスキート(蚊)と間違ってしまいそうな名前ですが、
ラスベガスに住んでいる人もたまに出かけます。

ラスベガスでも乱射事件が起きてしまいました。
今回のカジノはストリップの一番南にあります。
以前からコンサート等の会場として使われています。
ラスベガスにはたくさんこんな会場があるのですが、
たくさんの方々の冥福を祈るしかありません。

私はキリの方のカジノで働いていたので、
お金持ちのこの犯人が私のカジノには来たことないでしょう。
でもどこかですれ違った可能性はあり得ますね。
2017.10.08 09:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。