FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

大聖堂はその後どうなったか?

クライストチャーチの地震から6年
大聖堂は解体され、再建が始まっていたと
この記事を書くまでは思っていました。

地震のことが少しずつ忘れられるに連れて、
この大聖堂がその後どうなったのか、
オーストラリアのニュースで報道されることはなく、
再建されるのを楽しみにしていました。

ところが地元クライストチャーチでは、
今までの教会の方を維持したい修復再建派と
教会を解体して新しく建てたい派の間で
どちらでするか膠着状態が続いていました。

再建するためには現状維持が重要ですが、
耐震構造など基礎から作り替えなければなりません。
そのために新しく立て直すよりも、
費用も期間も掛かってしまいます。

約5年を経た2015年12月に
両派が合意して「安全性が確保されて、
予算的な問題がクリアできる」と判断されたら
元通りに再建されることになりました.

解体が決まってからも2年以上
どうするのか判断がつかなかったようです。
確かに元通りに再建したい気持ちもあれば、
費用や安全性を考えて新築を推進する人もいます。

その後2016年の2月にも地震発生、
前回のような大きな被害はありませんでしたが、
これからも地震発生の可能性はあります。
教会のビショップは今年5月に
9月までには最終決定を下すと発表しましたが、
果たしてどんな結果になるでしょうね。
「紙の大聖堂」があるから急ぐ必要もないかな?

cpchc1
クライストチャーチ紙の大聖堂 by wiki

関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."大聖堂"
おおおっ!そういう経緯になってるとは!

事件や事故は「その後」を知ることも大切なこと
日本の報道でも、この教会のことは全く知る由もなく

復旧はともかく、復興となると様々な意見があって当然で
どうするかとなると本当に難しいのでしょうね

それにしても紙の教会?えーっと思ってしまいましたが検索してみてビックリ!
なんて素敵なんでしょう、というと顰蹙かもしれませんが・・・
臨時と言われても嘘でしょ、と言いたくなるようなものだし。
日本人の坂茂氏が手がけたものと知り、ここでもNZと日本の繋がりを知りました。
2017.07.29 12:54 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."管理栄養おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
私もこの記事を書くまで、
すでに再建されたと思っていました。

紙の聖堂については、以前も書いたのですが、
とても素晴らしい大聖堂ですよね。
オーストラリアにもあったらと思います。

事故が発生してしばらくは話題になりますが、
何年も過ぎると忘れ去られて、
10年とか20年とかのときだけ、
取り付けたように報道されますね。

クライストチャーチ大聖堂が、
どんな形でさえ再建されることを願うばかりです。
2017.07.29 16:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。