地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

犬ぞりのハスキーたち

 
犬ぞりのドッグショーが始まる前に、 
犬の写真を撮ったり、触れることもできます。 
レンジャーが近づくと、 
ドッグショーに参加したいのか、 
「私も、私も」と一生懸命吠えています。 
残念ながら選ばれた数匹しか参加できません。 
 
毎年たくさんの子犬が生まれますが、 
ハスキーの子犬もやっぱり可愛いですね。 
生まれた子犬をトレーニングしますが、 
すべて犬ぞりが引けるとは限りません。 
いくつものトレーニングを重ねて、 
犬ぞり用の犬が選ばれるそうです。 
 
最初のトレーニングが人間になれること。 
そのために観光客を受けています。 
たくさんの人たちと触れることで、 
どんなレンジャーでも相手ができます。 
 
実際にどんなトレーニングをするのか、 
夏と冬では異なると思いますが、 
ハスキーは長い散歩が必要です。 
夏の間レンジャーは他の仕事で忙しいので、 
ドッグウォークシッターを募集します。 

条件はいくつかあるようですが、 
基本的にひと夏ずっと続けてできる人。 
毎日は無理でも最低週に数日、 
決まった曜日の時間にできる人です。 

毎回違ったハスキーを担当するのではなく、 
決まったハスキーを歩かせます。 
そうしないとハスキーにストレスが貯まるのか、 
相性があうか確認してから決まります。 
 
犬ぞりで活躍したハスキーたちも、 
いつかは現役から退きますが、 
その犬たちは愛犬家に引き取られます。 
日本に持って帰るのは難しいかもしれませんが、 
引き取りたい方はレンジャーに尋ねてみては?

dogsld1.jpg
 冬のデナリの犬ぞり by Denalo.com

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって、
最後のメキシコ編にはいりました。

『World Traveler in Alaska』


関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."犬ぞり"
おおおおっ!そういう形でワンコたちが選ばれるのですね!
人に慣れる必要があるから、観光客にも解放するのも納得です。

そして選ばれたワンコたちは大喜びって、これがまた健気だなあ
いっとき、日本でもハスキー犬が人気でしたが
寒さが足りないのと大型犬、そして散歩が長時間必要ということで
今では限られた方しか飼ってないようです

ボランティアで散歩させる必要がある、ハスキーの脚力に驚愕です(^^)
そして犬ぞりにいつか乗って見たいなあ、なのです(*^^*)
2017.04.10 21:44 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."管理栄養おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
遅い返事を許してください。

犬ぞりはアラスカにでは必需品です。
このためのレースもたくさんありますが、
ハスキーの特訓、夏でもすごいですよ。
是非アラスカに一度は来てくださいね。
私冬住む自信ないのですが、
一度ぐらい住んでみたいな~と憧れています。
2017.04.19 08:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。