地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

社員食堂で働いていたアジア人の学生たち その1

職場は全く異なりましたが、 
相部屋の台湾の学生リンのお陰で、 
台湾やシンガポールの学生たちと 
話す機会も増えてきました。 
 
まず部屋にリンの友達が来るようになり、 
その時に一緒に話すようになりました。 
そのうちリンと一緒に友人の部屋に行ったり、 
彼らが集まるときに誘われたり、、、と。 
 
年齢も国籍も全く異なりますが、 
アラスカの果てで出会ったのも何かの縁。 
オーストラリアから働きに来ているのにも 
興味があったのかもしれませんね。 
だんだん私に話しかけるようになりました。 
 
普段はひとりで食事をしていました。 
そのうち社員食堂で会うと、一緒に食べたり、 
特に夕食のときはお互いにゆっくりできるので、 
一緒のテーブルで食べるときが多かったです。 
 
というのも、アジア人の学生は、 
大抵ハウスキーピングでしたが、 
何人かが社員食堂で働いていました。 
 
台湾女子のジョーとミンは 英語科の学生で
どちらもかなり英語を話すことができました。
そのため社員食堂のフロントライン、 
料理の配膳やカードのチェックをしていました。 
 
従業員の身分証明書に は
食事のステータスが記入されています。 
私たちのように全食事食べる人もいれば、 
通いの人は仕事中のみの食べていました。
 
他のホテルの寮で雇用されて、
私のリゾートホテルでアルバイトしている人は 
全く食事はついていませんでした。 
そのために無断で食事をしないように、
社員証を厳しくチェックしていたようです。


jo1.jpg
     社員食堂で働くジョー


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』




関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."アジア圏"
思えば大陸と島と両方あるのがアジア圏。
そのあちこちからアラスカで出会う。
これはドラマチックですよねー!いわゆる「ご縁」を感じてしまいます。

年代が違うからこその出会いもあるでしょうし、
今回はリンさんがその橋渡しでしょうか。

社員食堂での身分証明のチェック。
これは厳しいようでも、雇う立場になれば然るべきもの、かな。
野放図にしてたらダメでしょうしね。

それにしても↓、室内と室外の気温差!
アジアだと凍るくらいエアコンが効いた室内と、うだる暑さの室外。
アラスカだと真逆ですよね(^^)
2017.03.19 21:06 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."栄養管理おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
アラスカの仕事を応募したkら行けたのですが、
採用されなければこんな出会いもありません。
人の巡り合わせ、アラスカで体験させてもらいました。
現在はほとんどつながっていませんが、
FBではすぐお隣にいます。
シンガポールや台湾に行く機会があれば、
是非皆に会いたいと思っています。
2017.03.20 03:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。