地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

デナリ国立公園の憩いの場「アイルソンビジターセンター」

 デナリ国立公園の観光ツアーで 
一番人気のあるTundora Wildnes Tourは、 
ストニーヒルで折り返しとなりますが、 
実はこの先からも見ものが多いのです。 
 
シャトルバスに乗ったときに、 
公園の入り口から66マイルの所にある 
アイルソンビジターセンターまで行きました。 
私はどの観光バスに乗るよりも、 
せっかくデナリ国立公園に来たなら、 
ここまで来ることをお薦めします。 
 
2008年に完成したばかりの 
新しいビジターセンターは 
デナリに関するディスプレイだけでなく、 
ハイカーや観光客にとっても、 
デナリ国立公園内の憩いの場になっています。 
 
電気も水道も通っていないデナリ国立公園で、 
自家発電により電気だけで館内は明るく、 
水洗トイレがあるかと思ったら、 
ここのでは飲料水も補給することができます。 
と言ってもレストランもキオスクもありませんが、 
持ってきたランチを食べるスペースもあり、 
どのシャトルバスやこれから先に行く観光バスも、 
必ず往復ここに停まってくれます。 
乗ってきたシャトルバスにのって帰っても良し、 
ここでハイキングしたり、写真を撮った後に、 
別のシャトルバスで帰るのも良いです。 
 
デナリ国立公園の規則として、 
ハイカーは好きなところでバスに乗れます。 
ハイカーが手を挙げ、バスに空席があれば 
ドライバーは必ず車を停めなければなりません。 
 
デナリ国立公園の公園事務所では 
入場した観光客の人数を把握しています。
キャンプしない人が公園内に取り残されないよう
バスを配送して必ず迎えに来てくれます。

tolat2.jpg
       デナリ国立公園

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。