地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

初めてのアラスカクルーズのお客さん

初めてのクルーズ客が来る日が来ました。
マネージャーから私たちに至るまで、
スタッフは皆んな少し緊張していました。

アンカレッジを朝出発した列車が、
デナリに到着するのは午後4時頃です。
そのお客さんたちがホテルに到着する前に、
バスの中で鍵やクーポンは渡されますので、
ホテルに到着したら、すぐに部屋に入れます。

部屋に到着すると、荷物が来ていないとか、
部屋の備品が壊れているとか、
ツアーデスクにやってくるお客さんもいました。
と言っても私には全く関係のない仕事ですが、
ガイドをしていたので、目がそっちに向きます。

幸い日本人はほとんどいないので、
言葉の障害とかはないようですが、
英語を話さないカナダ人がいたり、
中南米の人はスペイン語しか話さないので、
それでもかなりトラブっていました。
アメリカ人は外国語に興味ないのか、
英語以外に話す人は少ないですね。

コーヒーの注文だけなら、
特に言葉の障害も問題になりませんが、
それでも私の拙い独語や西語が
役に立った日もあるのですから、、。

さすがに中国人が来ると話せないけど、
筆談が役に立ちましたね。
仲間は不思議そうな顔で見ていました。
中国人街で漢字を見たことはあっても、
日本語と共通性があるとは思わないのでしょう。

今ならスマートフォンで簡単に
翻訳、通訳もしてくれます。
たとえ100%正解でなくても、
お互いに意味を理解することはできます。

今回の北米旅行記を
別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』

mckinley-chalet-resort[1]_convert_20170212114846
   私が働いていたリゾートホテル

関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."筆談"
中国と日本、筆談ではある程度は通じるものがありますもんね。
全く意味が変わるものもあるようですが、注文だけならセーフかしら。

いよいよクルーズ、観光のシーズンの幕開けのお話ですね。
バスの中で説明ってことは、ホテルまでそれなりの時間がかかるのでしょうか。
お客さんはワクワクが高まることでしょう!
やっぱ旅は「さあ、これからお楽しみが待ってるぞ!」が一番嬉しいですもんね。

コーヒーショップではどんな光景が繰り広げられるのか??
いやあ、なんかドキドキです(^^)
2017.02.14 18:44 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."栄養管理おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
返事遅くなってすいませんでした。

筆談というのは結構役に立つものですね。
漢字にはそれぞれ意味があるから、 
言葉としては通じないかもしれないけど、
何とか意思を伝えることもできます。
そう意味では本当に大切です。

あまりカフェのお話は出ないかもしれませんが、
アラスカの生活楽しんでください。
2017.02.17 21:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。