地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アメリカ人はフレーバーシロップが大好き

アメリカでバリスタを始めて、
驚いたことがいくつかありましたが、
そのひとつがフレーバーシロップを好むことです。
オーストラリアでもコーヒーに
フレーバシロップを入れる人もいますが、
バニラ、カラメル、ヘーゼルナッツぐらいで、
1割にも満たない割合でした。

ところが私がいたカフェでは、
フレーバーだけで30種類。
皆んな人工的に味付けされたシロップです。
一種類入れるならまだわかりますが、
何種類も入れる人もいましたよ。

これじゃミックスして味も楽しめませんが、
第一甘すぎて美味しくありませんよね。
アメリカ人にとってフレーバーの効いて、
ただ甘いだけのコーヒーが美味しいようです。
本来のコーヒーの味覚を楽しむ人は少ないのか、
彼らの味覚を疑いたくなりました。

スターバックスのコーヒーといれば、
ダークローストの代表と言えますよね。
誰が入れても『同じ味になる』ようにというか、
失敗しても分からないようにというのか、
ダークローストにされているようです。

そしてダークローストにしておけば、
美味しくないと思う人はフレーバーを注文します。
お陰で売り上げが上がるというわけですね。

大きなサイズのコーヒーカップに、
3〜4ショットのエスプレッソを注いで、
甘くないからとシロップをガンガンいれたら、
カロリーが高くて太るわけですよね。
アメリカ人に肥満体が多いのは、
コーラとコーヒーの飲み過ぎかもしれません。


今回の北米旅行記を
別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』

dnl-27-copy1.jpg
 カフェで使用していたフレーバシロップ


関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."フレーバー"
分かりますっ!
アメリカンな方のフレーバー好きって!!
よくもまあこんなにいろんな種類があるもんだと感心し、
さらにそれをドバドバ入れる感覚は、ううむ、ちょい意味不明(^^;)

おそらく日本人にしても、海外の方から見たら信じられない匂いや味を好んでる。
そんなシーンがあると思うのですが、アメリカはハンパないって思ってしまいます。
せっかくのコーヒーのアロマ、どこへ行ってしまうのやら。
そんなの関係なしなんでしょか。
2017.02.11 14:34 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."栄養管理おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
アメリカ人のフレーバー好きは、
中途半端ではありませんよ。

最近はコンビニのコーヒーでも、
フレーバーミルクがたくさんあります。
ただのクリームでなくて甘いし、
私もちょっと入れますが、
彼らはたくさん入れていますね。

それに混ぜたら味が変わるのにと思うほど、
いろんなフレーバーも混ぜる人もいます。
2017.02.11 19:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。