FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

友達との再会、その後 

Posted on 01:05:33

ちょっと悲しい再会となりましたが、
それまでの付き合いが長い私たち。
何とか友人の付き合いは保っています。

と言ってもしばらくはEメールも途絶え、
お互いに連絡をとりませんでした。
毎年クリスマスカードは出しますが、
住所は前の旦那さん宛にしています。

以前NYに短期滞在した時は、
このポーランド人の旦那さんに世話になり、
今でも友人としての付き合いをしています。
たまに彼女も訪ねているようで、
現住所を教えて貰えないので、
ここが唯一の彼女の連絡先です。

海外で一人で暮らしていると、
年老いた時どうなるか考えます。
若い時はそれほど不安に思わなくても、
還暦がだんだん近づくにつれて、
それは現実のものとなります。

私のようにまだ親戚が多く、
連絡も簡単に取れるように現代、
以前よりは楽観的に考えています。

でもNYの友人のように
日本にほとんど家族がいない状態では、
元旦那と彼がいたとしても、
誰が日本に連絡してくれるのでしょうか?
もし彼らが先に行ってしまったら、
元旦那や彼の周りにいた友人たちが、
彼女に手を差し伸べてくれるのでしょうか?

若い頃お世話になった大事な友達だから。
近くに一緒にいたらまた付き合いたいです。
何の見返りも期待せずに付き合いたい
友人を保っておくのは大事なことです。

szsp1
    シーザースパレス by wiki



関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ラスベガス  友人再会 
ーラスベガス  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

年をとる

若い頃には思わなかったことは、健康と自分の死。
親が老いて現実的なあれこれを考え出すと、自分にも投影しちゃう感じですね。

↓のお友達との話もそうですが、
自分1人じゃどうすることもできないこともあるけど
普段の生活の中ではしっかり生きていく覚悟って必要ですもんね。
なんかね、改めてそういうことを思ってしまいました。

管理栄養おたぬき | URL | #-

2016/10/08 12:11 * edit *

栄養管理おたぬきさんへ

コメントありがとうございます。
そうですね、海外で暮らすのは、
老後になると考えることもありますよ。
日本でも老人の孤独死が増えていますが、
海外で一人で死んだなんて、もっと惨めかな?
と最近つくづく考える私です。

takechan0312 | URL | #-

2016/10/11 16:10 * edit *

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ