FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

途中で放棄しちゃったけど、、、

牌九の牌(タイル)が実は曲者でした。
ドミノのように数字が刻まれていますが、
全部で21種類32枚あります。
ということは同じ種類が1枚だけと、
2枚づつあるものもあるのです。

カードではAが一番強くてK〜2へと
その数字の大きさで強弱が分かれていますが、
牌九の牌は強弱は数字とは全く関係ありません。
というのはいくつかの牌は同じ数字でも
牌の表示の仕方が異なる牌があり、
それによって強弱が違うのです。
これはもう覚えるしかありませんね。

牌九の役には3種類あります。
まず『ボー』と呼ばれるペアの組み合わせです。
牌九は2つの牌を合わせて9に近い方が勝ちです
Gee Joonと呼ばれる牌の組み合わせが
単牌では一番弱くても最強のペアになります。

次に12または2と、9の組み合わせが『ウォン』
牌のランクから12と9の組み合わせの方が
2と9の組み合わせより強いです。
9は2種類1まいづつありますが同ランクです。

最後は12または2と、8の組み合わせが『ゴン』
これも12と8の組み合わせの方が
2と8の組み合わせより強いですが、
8は全部で4枚、3種類あります。
同じ12との組み合わでも8のランクによって、
その強弱が異なるので注意が必要です。

こうなると牌の種類と強弱を覚えるしか
牌九を理解する方法はありませんね。
時間もだんだん足りなくなっていましたが、
これを覚えるのが難しくてて途中で放棄、
講師からルールだけ習って終わりました。

あの頃は難しいなあと思っていましたが、
こうやってもう一度表を見てみると、
この強弱のランクさえ覚えれれば理解できます。
インターネットのおかげで理解するの楽ですね。
もう一度チャレンジしてみようかな?

sky-nine.jpg
   パイガオのタイル(牌)by wiki


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。