FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ニュージーランドのワーキングホリデー

bot_newzie_ro.jpg

ニュージーランドはオーストラリアについで、
二番目にワーキングホリデー協定を結んだ国です。
治安の良い国ですので、のんびりと過ごしたい方にはお薦めします。
南半球ですので、季節は日本と反対になりますが、
気温はだいたい日本に似ています。

☆参加可能年齢 18~30歳(申請時30歳であれば31歳での入国が可能)

ニュージーランドの場合、HP上からオンライン申請ができます。
ビザ申請時に必要なものは有効なパスポート(期間1年6ヶ月以上)、
クレジットカード、E-mailアドレス(携帯アドレスは不可)、
運転免許証や健康保険証などの証明書です。


(注1)ホームページ上にユーザー名とパスワードを設定して
 マイページを作成する必要があります。
 申請の手引きはNZ大使館のHPで確認して下さい。

(注2)移民局からビザ発給の通知メールが届くのでWEBのマイページから
「ELECTRONIC VISA」をプリントアウトして下さい。


ビザについて

【 対象 】
日本国籍を持つ18才から30才の独身者または、子供を同伴しない既婚者。
休暇を過ごす目的で、ニュージーランドに1年までの長期滞在を希望される方。
健康な方で、かつ犯罪歴の無い方。

ビザの有効期間 】
ビザの有効期間はビザ発行日より12ヶ月です。
(12ヶ月以内に一度入国できないと、ビザは無効となってしまいます。
 申請は一生一回です。)

【 滞在可能期間 】
ニュージーランドに最初に入国した日より、
12ヶ月の滞在許可が入国時に許可されます。
途中でニュージーランドを離れた場合、
離れていた期間を再入国後に延長することはできません。

ニュージーランド国内でワーキングホリデーを取得した場合、
すでNZにいるため、発行された日から1年までの滞在となります。)

●ワーキング・ホリデー3ヶ月延長●
期間をさらに3ヶ月延長できるようになりましたが、条件があります。

対象者:すでにワーキング・ホリデーでニュージーランドに滞在している方、
ワーキング・ホリデーの12ヶ月のうち、計3ヶ月以上、
フルーツピッキングなど、ニュージーランド国内の
農園でのアルバイトをしたことを証明できる方

申請方法 現地のニュージーランド移民局で
Working Holiday Extension Permitを申請してください。
ニュージーランド外での申請、オンラインでの申請は不可能です。

詳細 ニュージーランド移民局のホームページをご覧ください。
www.immigration.govt.nz


【 就学 】
ワーキング・ホリデービザで、学校(語学学校等)に通えるのは6ヶ月です。

【 仕事 】
3/29より「同一雇用主の下で3ヶ月を超えて働き続けられない」
という制限はなくなりました。

ワーキング・ホリデービザで許可されている就労とは、
あくまで休暇滞在中に資金を補うための臨時的な仕事です。
東京のニュージーランド大使館およびニュージーランド労働省のいずれも
ワーキング・ホリデーに行く人の仕事探しの援助はできません。

【 医療保険 】
医療保険の加入は強制ではありませんが、医療費の大部分が自己負担
となりますので保険に加入されることを強くお勧めします。

【 航空券 】
片道航空券でも渡航可能です。


申請方法

【 申請料金 】
日本国籍は無料

【 申請方法 】
ニュージーランドのワーキング・ホリデービザは、
NZ移民局のホームページよりオンラインで申請して下さい。

全ての連絡は担当する現地のニュージーランド移民局から
直接に申請者のメールアドレスに届きます。
登録される際、ご自分のメールアドレスを間違いのないように記入してください。
間違っている場合、移民局は連絡がとれませんので、申請は進みません。

MTCK841.jpg
         マウントクック


関連
カナダのワーキングホリーでビザ
オーストラリアワーキングホリデービザ
台湾ワーキングホリデービザ


[オンラインで発給されるビザについて]は続きからご覧下さい。

[オンラインで発給されるビザについて]

オンラインで発給されるビザは、パスポートに発給される
ビザラベルと同様のしくみですが、パスポートにビザラベルを貼る代わりに、
印刷された書類を申請者がパスポートに添付し持参します。
ビザの申請が許可されますとビザのコピーを印刷するよう指示されます。

詳細事項はニュージーランド移民局のデーターベースに保存されます。
このインフォーメーションはご自身のニュージーランドへの出入国の権利の有無、
また、ニュージーランド入国時にパーミット(滞在許可)
を決定するためにも必要です。
従ってあなたがオンラインで申請する際に、本人の詳細について
間違いなく正しく入力されることが大変重要です。

[オンラインで発給されるビザにはどの様な
インフォーメーションが表示されますか]

ニュージーランド移民局が発給するビザラベルと同様にあなたの個人情報、
就労の条件、ビザの条件及び有効期間が表示されます。

[ニュージーランドの雇用主にはなにを提示すればよいですか ]
印刷されたビザの書類を提示してください。
そこにニュージーランドでの就労条件が表示されています。
また、ニュージーランド移民局のサイトにログインして、
許可された就労条件を雇用主に見せることが出来ます。

また、雇用主が、ニュージーランド・ナショナル・コンタクト・センター
(New Zealand National Contact Centre)に
問い合わせて確認する事も出来ます。

[レントゲン検査の提出について]
申請をされましたら、ニュージーランド移民局より連絡があり、
TB(結核)スクリーニング用紙(Temporary Entry X-Ray Certificate INZ1096)
で診察を受けるように指示があります。この用紙は
ニュージーランド移民局ホームページからダウンロードすることができます。

指定用紙を用いて指定病院、指定医師のもとで診断を受けて下さい。
検査終了後、用紙は指定されているニュージーランド移民局へお送り下さい。
(日本にあるニュージーランド大使館は指定されていませんので、
大使館には用紙を送らないでください。)

指定医師のリストはこちら

[申請を入力し始めたら、その内容をいちどセーブし、あとで終了することはできますか]
申請の内容を途中でセーブすることが出来ますので、
後日そこから続きを入力し終了することが出来ます。

申請のページごとに“COMPLETE LATER" タブ が表示されます。
それをクリックすれば入力した情報がセーブされるので、
後日、User ID とパスワードで再度ログインし、“EDIT"
タブをクリックすれば申請中の申請の入力が続けられます。

[申請が受理されたかはどのようにして確認できますか]
申請が受理されれば確認のメッセージが送信されます。
あなたのホームページにも申請状況が表示されます。
記入されたメールアドレスが間違っていれば、確認のメッセージは届かないので、
お間違えのないように記入してください。

[申請状況のチェック方法 ]
ニュージーランド移民局のサイトのONLINE SERVICESにログインすれば、
あなたの申請状況が確認できます。 申請状況は、スクリーンの右側の
"What’s Happening" と題された箇所に表示されます。

[申請の注意事項]
1)申請のために申請者にクレジットカードを用意していただくシステムです。
クレジットカードを持っているかどうかという質問に対して、
"NO"と答えると、進まなくてなってしまいます。

しかし、ニュージーランド国内で申請しない限り、
クレジットカードの情報を記入することはなく、
もちろんお金を請求されることもありません。したがって、
クレジットカードお持ちの方でも、お持ちでない方でも、
"YES"と答えてください。

2)パスポートの他にもDRIVER'S LICENCE(自動車免許)、
BIRTH CERTIFICATE(出生書)、NATIONAL ID(国民の証明書)
のどれかの発効日と切れる日付(切れる日付がない場合、記入は不要)
を記入するよう、求められます。

自動車免許をお持ちでない方は、
NATIONAL IDを選んで、健康保険証、又はキャッシュカードの発効日・
交付年月日を記入してください。自動車免許、キャッシュカード、
健康保険証のどれかをお持ちでない方は、役所で抄本又は
戸籍謄本を発行してもらって、BIRTH CERTIFICATEを選んで、
抄本・戸籍謄本の発効日を記入してください。

[審査日数]
TBスクリーニング用紙を受理してから数日後に連絡があります
(現時点では、申請件数の9割は2-3日以内に)。
さらに詳細な情報の提供を求められるか、
あるいは申請に対しての解答が送られます。


注意:ここに記載のある情報は法改正等により
予告なく変更することもあります。ご了承ください。

関連記事

2 Comments

ふうてんの旅人 says..."No title"
ガイドブックよりズートいいです。読みやすい、実感がこもっている。遊びにきます。
2010.04.10 08:25 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."ふうてんの旅人さんへ"
いつもコメントありがとうございます。
お仕事が旅関係でしたよね。
私も長年携わって来ましたが、旅行する立場と、
お仕事する立場では本当に違います。
自分の旅行だけでは自分でするのが一番だと思いました。
でも自分が楽しんだ事を誰かにお伝えできれば嬉しいです。

添乗時代NZの観光は自分でガイドしていました。
ミルフォードサウンドがとっても難しいです。
時間の配分がわからないので、悩んでいましたが。
添乗員さんまさにご苦労様と思いますよ。
昔の話で参考にはならないかもしれませんが、
また遊びにいらして下さい。
私もあなたの旅を一緒に楽しませて頂きます。
2010.04.10 09:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takechan0312.blog.fc2.com/tb.php/266-38318054
該当の記事は見つかりませんでした。