FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

キャンプファイヤーの薪

キャンプファイヤーの火をみていると、
自然と気持ちが和らぎますよね。
煙で洋服や髪まで臭くなるのは嫌だけど、
周りも臭いからあまり気になりませんね。

シャワーはないので昼間に泳いでいる人もいますが、
何と簡易のシャワーを持っている人もいます。
川の水を入れて冷たいシャワーを浴びるものから、
ゼネレーターでお湯を沸かすことができる、
本格的なシャワーを持っている人もいました。

キャンプに来るときに薪や
発電用のゼネレーターは必需品ですね。
私たちのように2泊ぐらいのキャンプではなく、
クリスマスからお正月にかけて、
1〜2週間ぐらいキャンプするそうです。

有料のキャンプ場は、シャワーやトイレ
さらに電気の設備もあるところもありますが、
ここは無料な分、自分で用意しないければなりません。
無料のキャンプ場を何度も利用する人なら、
これぐらいの投資は安くつくことでしょう。

山の中でキャンプをするなら薪は、
そこ辺から拾ってくればと思ってしまいますが、
国立公園内の木を薪に利用するのは
法律で禁止されているそうです。
皆んなが木を拾ったら薪が無くなるだけでなく、
拾うために自然を破壊することになります。

倒れた木は枯れて土地の堆肥となりますが、
そのサイクルを奪ってしまうだけなく、
木についていた種を燃やすことになると、
植物循環という自然のサイクルまで
奪ってしまうことになりますからね。
あまり考えたことはなかったけりど
公園の注意書きを読むと勉強になりました。

newnes-newnes-ruins.jpg
    キャンプ場周辺 by NSWNP

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。