FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ブルーマウンテンコーヒー開発事業

ブルーマウンテンコーヒー開発事業』は
1883年6月に交換公文が締結され、
翌年4月に円借款契約に調印されました。
当時の金額で55億円近く融資されました。

この事業はブルーマウンテンコーヒーの
農園開発及び処理施設の拡大をつうじて、
生産能力を強化することにより、
農民及び関連労働者の収入の増加や
地域内の生活条件の向上を図るだけでなく、
コーヒーの輸出増にによる外貨収入の増大を
図ることを目的として行われました。

その一方で1981年には、
アメリカとジャマイカ両政府より、
日本の農林省に栽培技術要請が入りました。
前年に発足した『全日本コーヒー協会』は
この要請にもとづき、当時初代会長だった
UCCの創始者上島忠雄氏の長年の夢
ジャマイカにコーヒー園を持ちたい』と
合致して、コーヒー園を始めました。

UCCは事業をスタートさせましたが、
ジャマイカの険しい自然と闘いながらの
農場経営は容易ではなかったそうです。
33haの農園から始まった事業は
2008年に59haの新しい農園を開発し、
13万本を植えるまでに拡大したそうです。

良質なコーヒー豆を安定して供給できるよう、
UCCを始めジャマイカの農園は頑張っています。
しかし台風などの影響で多大な被害を受け、
どうしても需要に間に合わない年もあります。

その80%以上を日本に輸出されるのは、
ブルーマウンテンの生産に関与したからですが、
世界でもトップの良質のコーヒーであるのは
皆んなの協力と努力の結果ですね。

jamaican-blue-mountain-coffee.jpg
    ブルーマウンテンコーヒー豆


観光情報
ジャマイカ政府観光局 日本語
http://www.visitjamaica.jp/where-to-visit/
ジャマイカ政府観光局 英語
http://www.visitjamaica.com
UCCブルーマウンテン直営農園

関連記事

2 Comments

管理栄養おたぬき says..."麻袋"
ブルーマウンテン、そして上島珈琲
こういう歴史背景があったんですね、初耳です〜〜〜〜!!
単純に旨い不味いなんて言えなくなっちゃうなあ(^^)

そして本日の写真のコーヒーの麻袋!
ワタクシ、どういうわけか麻袋に異常な興味がありまして(笑)
独特の雰囲気と麻の素材、そしてプリントされた図柄とどれをとっても花丸の素材ばかり!
この麻袋もブルーのプリントとコーヒーの湯気、ロゴの文字フォントがマッチしてるなあ(*^^*)
2016.01.26 21:19 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."栄養管理おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
体調を崩しており返事が遅れました。
麻袋、昔はコーヒーって必ず麻袋でしたね。
ハワイの叔父が持ってきてくれたコーヒーも、

私がまだジャマイカに行った頃は、
麻袋で売っていましたよ。
でも今はどうかな?麻袋の方が高いのでは?
ブルーマウンテン、ストレートで飲むことは少ないけど、
ブレンドでなら飲む機会も多いかな?
酸味の強いコーヒー、ちょっと苦手です。
2016.01.28 03:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。