FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

『ボブ・マーリー』を知っていますか?

私はジャマイカに来るまでについて、
『名前は知っているけど』ほどの知識でした。
ジャマイカに来たからと言ってすぐに
彼のことがすべて分かるわけではありませんが、
街を歩くと彼の顔が描かれているTシャツが
彼のCDが何処でも売られているので、
彼の顔は毎日何処かで見る機会がありました。

ボブ・マーリーはジャマイカを代表するシンガーです。
オーチョリオスのあるセントアン教区にある
ナインマイルズというところで生まれました。
1981年フロリダの病院で亡くなりましたが、
キングストンで国葬にされたあと
彼が生まれた生家に葬られています。

オーチョリオスまでは海岸線沿いに走り、
そこから山道を登って行きました。
ジャマイカは秋田県ぐらいの国土しかありませんが、
2000m級の山もあるので、
海岸線を離れると豊かな熱帯雨林になります。

ナインマイルズは小さな村ですが、
ボブが13歳まで過ごした所で、
彼の曲の中にもいくつか歌われています。
そしてここに葬られることになったのです。

私たちが行った頃はボブのみでしたが、
2008年にボブのお母さんが亡くなると、
ボブが眠る側に葬られたそうです。
現在は二つの大理石でできたお墓があります。

彼が生前に使用したギターや
数々のトラフィーや写真などが飾られ、
彼の人生を振り返ることができます。
写真を見て彼のことを知ることはできても、
活躍していた頃の様子を知らないので、
実感として肌では感じられませんでした。

ちょっと余談ですが、、、
先日はデビット・ボウイが亡くなり
そして昨日は「イーグルス」のグレン・フライが
ニューヨークで亡くなりました。
どちらも同世代ではないけれど、
私が子供の時から聞いた曲ばかりです。

特に渡米する前のアメリカのイメージは、
まさに『ホテルカルフォルニア』だったかもしれません。
あの舞台となったビバリーヒルズホテルには、
恐れ多くてなかなか近づけませんでした。

その人たちが消えていく。
ビトールズよりも私には馴染みが深かったかも。
だってこの曲で踊りまくっていた青春があるから、、。

ボブ・マーリーも二人と同世代ですが、
早く亡くなったせいかあまり印象がありません。
やはり思い出のある曲の方が身近に感じます。
お二人の冥福を祈りたいと思います。

bob_marley_by_cheatingly.jpg


      ボブ・マーリー

観光情報
ジャマイカ政府観光局 日本語
http://www.visitjamaica.jp/where-to-visit/
ジャマイカ政府観光局 英語
http://www.visitjamaica.com

関連記事

4 Comments

おきまちあき says...""
こんにちは。お邪魔します。
私もボブ・マーリーが実際活躍されている頃はあまり存じ上げず、、
この曲は彼のだったんだと知ったりしたのは亡くなられてからだったように思います。
デビッド・ボウイとグレン・フライ お二人が立て続けに往かれたのは
淋しいです。
ご冥福をお祈りいたします。
2016.01.20 13:41 | URL | #1vmtGO4c [edit]
takechan0312 says..."おきまちあきさんへ"
コメントありがとうございます。
自分が楽しんで曲を歌っていた人たちが亡くなると、
自分の青春が終わったような気がします。
思い出は青春に詰まっていますよね。
楽しかったあの頃、これからもう一度楽しみたいです。
2016.01.21 20:13 | URL | #- [edit]
管理栄養おたぬき says..."レゲエ"
コード進行が特徴的で、聞けばすぐに「レゲエ」と判る。
それだけ分かりやすい曲であり、メッセージ性もある音楽。
ジャマイカであり、ボブ・マーリーですね。

私がボブ・マーリー(レゲエ)を本格的に知ったのは、
ボブの「I Shot The Sheriff」をカヴァーで歌うエリック・クラプトン繋がり。
英国統治下でのジャマイカの悲惨さを歌にしたものを
かのエリックは、南国風のお気楽に聞こえる感じにしちまったからなあ。

おっと、語ってしまいました(笑)

そしてビッグスター2人の死は、時代を感じさせてくれます。
武道館でイーグルス公演を観たっけなあ、なんてしみじみ思い出してます。
2016.01.21 22:06 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."栄養管理おたぬきさんへ"
コメントありがとうございます。
レゲエって聞けば何となくわかりますが、
私にはロックやジャズの方が馴染みやすいですね。

おたぬきさんもなかなかの音楽ファンのようですね。
イーグルスやサンタナなど、
カルフォルニアを連想させる音楽が好きなだけですが、
この二人は私だってよく知っています。
これからも少しづつ、こんな思いをする機会が多いかな?
2016.01.22 12:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。