FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

宴会場

グリムス: エコバッグ

旅館での夕食は殆どが宴会場でした。
昼食も大変でしたが、夕食は更に輪をかけて大変です。
席割りはありませんが、大抵は来た順に座ってもらい、
配膳は仲居さんたちにお任せしていました。

皆さんが席に着くまで部屋の外で待ってご案内。
スリッパをちゃんとそろえて差し上げます。
お酒の注文など、仲居さんのお手伝いです。
今日のツアーの感想を聞きながら、
次の日のツアーのご案内もしなければなりません。

皆さんただ黙々と食べていらっしゃいますが、
参加人数が多かったり、気があった人がいると、
だんだん陽気になって大声をだす人も増えます。
そのバランスを取るのが一番の問題です。

お客様が他の方の文句を言われても、
そのままその方を注意する分けにもいきません。
こちらが折れながら怒らせないようにして、
お願いするようにして頼んでも、
気を悪くして文句を言われるのは添乗員。
すべてが添乗員の責任になるわけです。

今から思うと、良くこんな仕事していたと思います。
こんなわがままな人達の相手をしていたと思います。
国内添乗が好きな添乗員さんもいるようですが、
私は二度と国内添乗はできません。

お客様の質は少しは向上しましたか?
添乗員の待遇が悪いと組合を作った会社もありました。
サービスは無料と言う暗黙の了解がある限り、
残念ながらわがままなお客様は残るでしょう。
日本語が通じる国内では、お客様も言い放題です。

hbt851.jpg
   宿泊先の夕食風景 ホテルのHPより

関連記事

2 Comments

かのちゃん♪ says..."バランス"
そう言えば、ベトナム添乗員のクラちゃんも、そのバランスを気遣っていました。
14名の参加者のうち、4人、5人のグループが二組あって、私たち二人旅がしんみりしちゃわないか心配だった・・・と言っていました。そこまで気を配るんですね?全然ご心配無用でしたが(笑)。
どうでしょう?昔よりはお客さんの質も向上したかな?
でも、確かに国内旅行の添乗員さん・・・・私もダメかな~・・・
なんだか添乗員さんはいつもちっちゃくなってた気がします。。。
2010.06.06 13:48 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."かのちゃんへ"
コメントありがとうございます。
添乗員の仕事は無駄だと思うようなことまで神経を使う仕事です。
でもこちらが大丈夫だと思っていると、
気が利かないとか、気づかない添乗員とか言われます。
全員の皆さんに気に入られるというのは絶対に無理でしょうね。
神様でない限り、でも海外の添乗員の方が少しは楽ですよ。
2010.06.06 14:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takechan0312.blog.fc2.com/tb.php/240-e52d80ec
該当の記事は見つかりませんでした。