FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

タスマニアデビル

タスマニアデビルはタスマニア島で見られる
有袋性哺乳類動物で、唯一の肉食です。
主にヘビ、鳥、魚や昆虫を食べますが、
大きな動物の死肉を数匹で漁ることもあります。

体はクマのような黒い毛で覆われています。
胸元には白い模様があり、ヒグマのようですね。
前足に比べて後ろ脚が短いために
いつもアンバランスに歩いています。
そんな姿を見ていると凶暴にはみえません。

でもメスの奪い合いや餌を守る時など
しゃがれた唸り声を出し、歯をむき出し、
闘争心を出して相手に突進します。
そのような威嚇行動を目の当たりにして
移住してきたヨーロッパ人たちは
『デビル(悪魔)』という名前を付けました。

バックスバニーも登場する『ルーニーテューンズ』
に描かれているタスマニアデビルのTAZも
いつも気が荒くて皆んなを襲っていますね。
1954年にキャラクターに選ばれたそうですが、
小さい頃テレビを見ていた時には
何の動物か全く知りませんでした。

タスマニアデビルは夜行性で、単独で行動します。
日中は空洞になった倒れた木の中や、
洞窟、ほかの小動物の巣穴にこもって過ごします。
夜になるとエサを探して歩き回ります。

母親は約3週間の妊娠期間を経て、
20~30匹の非常に小さな子どもを産みます。
その大きさは干しぶどうぐらいだそうです。
赤ん坊は母親の体をよじ登って袋に入りますが、
乳首がわずか4つしかないため、
現実にはほんの数匹しか生き残れません。

以前はオーストラリア全土にいましたが、
先住民が連れてきたディンゴによって食べられ
タスマニア島にしか残らなかったそうです。

201510222301458bes.jpg
タスマニアデビル by 龍好き画伯


ちょっと余談ですが、、、
このタスマニアデビルの絵は
以前にも紹介させていただきましたが、
『龍好き画伯の妻』さんのブログからお借りしました。

水墨画で描かれていますが、
実は大変な苦労があったそうです。
以下『龍好き画伯の妻』のコメントから、、

タスマニアデビルの毛並みを描くのにとても苦労していて
筆で描くのは諦めて、ならば鉛筆で描いてみようと(消せるので)
描きやすそうな紙や鉛筆を随分と探しました。
結局、元に戻って水墨画で表現するのがよいという結論に達したよう
ですが、お陰様で色々勉強になったそうです。

タスマニア記事のスタートに間に合うように一応頑張って
くれたのですが、上記したような事情がありだいぶ遅れて
しまいました。

タスマニアデビルを描くのに煮詰まって浮気して描いた
動物を初めて見せてもらった時、可笑しすぎて椅子から
転げ落ちそうになりました。すっかり、その子に夫婦揃って
ハマりました。次回をお楽しみに(笑)

さてその動物とは何か?ブログをごらんください。
何故オーストラリア動物シリーズが始まったかって?
それはご本人に聞いてください。!!
何とまだ果たせていない約束が始まりでした。

関連記事

2 Comments

龍好き画伯の妻 says..."何とまあ!"
おはようございます。
素敵な記事にしてくださって、ありがとうございます。

夫がさぞかし喜んで、しぶしぶながらもシリーズ化となった
動物シリーズ(最近ではノリノリ?)の筆が進んじゃうと思い
ます。描きたいものを描きたいように描いていた夫の絵が
ブログで紹介することで、多くの方の目にふれるようになり、
お褒めの言葉を沢山いただき、そして描こうと思ったことも
ない絵を描かなくてはいけなくなって(笑)嫌々始めたこと
ですが、今ではすっかり楽しみながら描いていて、元々
褒められて伸びるタイプの人なので、妻1人に褒められるより
沢山の方々から褒めていただき、ありがたい応援の言葉も
いただき、傍らで見ていて画力がグッと上がったように思います。

きっかけを作ってくださったtakechanさんに感謝しています。

夫が龍画の作家になる夢を応援するために始めたブログなのに、
妻の夢を応援してくださる方に出会えるなんて、それこそ夢にも
思っていなかった(喜)なんかとっても・・・楽しぃ~~(笑)

コホン(興奮して取り乱しました)

ブログでは、なるべく妻は控えめにと考えておりますのに、
よそ様のブログへお邪魔して、長々とご迷惑おかけいたしました。
はしゃぎ過ぎですね(失礼)

これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
頼りにしております^^


2015.11.04 09:59 | URL | #- [edit]
takechan0312 says..."龍好き画伯の妻さんへ"
コメントありがとうございます。
今日はタスマニアデビルを紹介させていだきました。
写真よりもすてきな絵があるので、
勝手に紹介させていただきました。

お二人の夢が叶うと良いのですが、
まだまだいっぱい動物のいるオーストラリア。
シリーズは簡単には終わりませんよ。
ブログでお知り合いになれたのも何かの縁。
これからもよろしくお願いします。
2015.11.04 14:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。