FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

日本の結婚式に招待されると、、、

友達の家族が来た年に
私の甥が新婚旅行で来ることになりました。
実家の後継ということで招待がありましたが、
結婚式には出席しませんでした。

姉にも子供たちがいますが、
ずっと外国にいたこともあり、
誰の結婚式にも出席していません。

シドニー落ち着くまでは旅行ばかりで
いつも移動する生活をしていました。
日本に住んだ時期もありましたが、
その時は誰も結婚しませんでした。
彼らはまだ当時学校に通っていました。

家族が多いということは良いことですが、
日本の冠婚葬祭はお金がかかりすぎです。
それに自分の洋服代や美容代も必要ですし、
私の場合、日本に行く航空券やホテル代、
そして土産代がかなりの負担です。

それを知っている姉たちは
私の負担を減らすために遠慮してか、
結婚式の案内状は送ってきませんでした。
まあ電話では伝えてきましたが、、、。

兄は気がきく人ではありませんが、
義姉が『結婚式があるけど、、、』と、
電話で出席の打診をしてきました。
誘わないのも悪いという気持ちと、
負担をかけたくない気持ちもあったようです。

二人の姪の結婚式にも出席していないのに、
息子だけ出席しては『えこひいき』になります。
たとえ跡つぎと言っても同じ兄の子供ですから、
みんな平等にしないと、良くありません。

他の子供達にも『新婚旅行は?』
と聞いても、いつも国内旅行でした。
初めて新婚旅行でやってくる身内が現れました。
これは友達以上に力が入りますよ。
『人生の華』新婚旅行ですからね。

多分『最後の海外旅行なるかも?』というので、
甥としてはちょっと奮発したようです。
シドニーでゆっくりすればと言いましたが、
ウルルもいれた10日間のツアーを選びました。

yrsrc.jpeg
   ウルル(エアーズロック)by wiki

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。