FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

島の命綱『ダイニッポンコーズウェイ』 

Posted on 01:04:39

距離的に近いこともあって以前は
オーストラリアからの援助もありましたが、
1980年代から日本からの援助が増えました。
そのひとつが空港のあるボンリキ島から
バイクマン島〜バイリキ島を経て、
ペシオ島へと繋ぐ道『コーズウェイ』です。

コーズウェイって何?』と思いますよね。
日本語でもそのまま使っているようですが、、
海峡よりも狭く『水道』と言う意味だそうです。
シンガポールとジョホールバルにかかる橋は、
『ジョホールシンガポールコーズウェイ』です。

以前は干渉時にできる砂浜を伝って
人々は行き来をしていたそうですが、
これでは不便ですし、雨の日は危険です。

アジア開発銀行に融資を頼み
オーストラリアに工事を依頼したそうです。
工事が半分進んだところで潮に流されてしまい、
オーストラリアの業者は撤退しました。

次に工事を請け負ったのが大日本土木(株)
日本政府の無償資金援助によって建設されました。
この時も途中で潮に流されてしまったそうですが、
飽きられることなく24時間体制にして、
納期までに日本と同じ品質で完成させたそうです。

これは島の人達にとって念願の夢でした。
北海道や四国が本州に繫がった日を覚えていますか?
皆さんどんなに感動したことでしょうね。
もう船に頼らずに自由に行けるのですから、、。
地元では『ニッポンコーズウェイ』と呼ばれています。

橋ではありません。海上に作られた道路です。
台風が来たり、大潮が来た時には、
道路も潮を被ることはあると思いますが、
二度と流されることはないでしょう。

この大日本土木(株)はその技術を評価され、
中央病院や国会議事堂の建設も受注したそうです。
私が泊まったホテルはコーズウェイの近くでしたが、
近くに『ダイニッポン小学校』がありました。
敬意を表して学校の名前を変更したそうです。


from-the-highest-point.jpg
  コーズウェイ by TripAdvisor



関連記事

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - キリバス  コーズウェイ  大日本土木 
オセアニア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ