FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ナイル川クルーズでロマンチックな気分に

今回の旅行でアレキサンドリアに行きませんでした。
地中海に面したこの街は気候もよく、
リゾートしても早くから人気がありました。
エジプトは遺跡も多く、考古学的な出土品も豊富なので、
昔から旅行に来る人は後を絶ちません。
アフリカも中東もまだと駄目という方も、
エジプトなら旅行しやすいかもしれませんね。

バックパッカーにはうざい国と言われています。
観光地に着くたびに勝手に荷物を降ろされたりして、
勝手にホテルまで案内されて料金請求、
自称ガイドの多い国では、
ハッキリと文句を言わないと、
外国人料金でたかられるときもあります。

最近そんなエジプトで人気が出ているのが
ナイル川クルーズと聞きました。
リバークルーズはヨーロッパでも人気があり、
ドナウやライン川クルーズだけではなく、
新しいルートも増えてきているようです。

最近クルーズの人気は増えていますが、
オーシャンクルーズと異なって、すぐそばが陸地、
何かあってもすぐに陸に上がれる強みがあります。

ナイル川にもたくさんのクルーズ船があります。
カイロからアスワンまでのクルーズは
日程的にも費用もかかりますが、
アスワン~ルクソール間なら2泊3日ぐらいから
料金も手ごろなツアーがあるようです。
オフシーズンなら交渉で半額ぐらいになります。

バスではわずか4時間ぐらいで行ける距離ですが、
船に乗ってナイル川を航海するのも良いですね。
クルーズは食事も付いているので、
意外と割安になるかも知れませんよ。

何日もクルーズできない方は、
白いファルーカ(帆船)は如何でしょうか?
アスワンやルクーソールでは
1時間ぐらいのクルーズからあります。

私もルクソールでサンセットクルーズに参加しました。
ちょっと一人では寂しい気もしますが、
心地よい風に吹かれて楽しむクルーズは
ロマンチックとリッチな気分にさせてくれます。
これだってナイル川クルーズだよ。

758px-Falucca_on_Nile.jpg
  ナイル川のファルーカ by wiki

観光情報
エジプト観光局
http://www.egypt.or.jp
カイロの日本人宿『ベニス細川家ホテル』

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。