FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

エルサレムの巡礼宿『オーストリアンホスピス』

エルサレムでは旧市街に泊まりました。
わずか1㎢の旧市街は世界遺産のひとつですが、
この狭い中にキリスト教、ユダヤ教、
そしてイスラム教の重要な遺跡があります。
そこに泊まれば観光にも便利です。

宿泊私設の情報が少ない時代でした。
インターネットなどまだ殆ど利用できません。
ロンリープラネットの宿泊情報から
『オーストリアンホスピス』に滞在しました。

旧市街にはホスピスがたくさんあります。
これはオスマン帝国の統治時代に
キリスト教徒が安全に巡礼できるようにと、
カソリックの王族や教会が特別な契約が結び、
エルサレムに施設を作ったのが始まりのようです。

オーストラリアンホスピスは1863年
オーストリア皇帝の援助によって建設されました。
ピウス9世がキリスト教区を再建することを決め、
フランス軍が治安維持していた場所に
オーストリアも巡礼者用の施設を建設しました。

しかし建設されてから150年の歴史の中、
安定して運営できない時期もあったようです。
二回の戦争の影響で英国の手に落ちたり、
エルサレムの政治的事情により巡歴ができませんでした。

1990年に入りやっと平和に運営開始できましたが、
私が行った頃までは利用者も少なくかったようです。
そこでオーストリアからの巡礼者だけでなく、
世界中からの巡礼者や観光客にも
ゲストハウスとして門戸を開くことになりました。

この建物は『悲しみの道』に面しています。
お土産屋さんもレストランもあって便利です。
エルサレムにはこんなホスピスがたくさんあります。
決して一番安くないかもしれませんが、
清潔で安全なことは間違いないようです。
施設によっては食事付の所もあります。

オーストリアンホスピス@エルサレム
http://www.austrianhospice.com

austrian-hospice.jpg
オーストリアンホスピス by Tripadvisor

旅行情報
イスラエル政府観光局
http://www.goisrael.com/Tourism_Eng/Pages/home.aspx
エルサレムの観光局
https://www.jerusalem.muni.il/jer_main/defaultnew.asp?lng=2
パレスチナ観光局 日本語
http://www.visit-palestine.net/generals/



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。