FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

イスラエルの入国スタンプ

アランビー橋』をバスで渡って、イスラエルの入国審査です。
隣国からの不正入国を防ぐためかどうかわかりませんが、
入国審査は今までの国の中でも厳しかったですね。
と言っても検査が多いだけなので、
現在のアメリカ入国審査とあまり変りません。

荷物は飛行機に乗る時のように、
セキュリティー検査に通しました。
テロ事件が増えているので、
現在はもっと厳しいかもしれません。

今までアラブ人が多かったのに、
ここでは白人(ユダヤ人)ばかりです。
今までと違って女性の係員もたくさんいます。
ヘブライ文字の案内がなければ、
何処の国に来たのかちょっと戸惑います。
中近東にいる感じが全くしませんでした。

入国審査の際はパスポートを丹念に調べます。
イスラエルと敵対している国のスタンプがあると、
厳しく取り調べられるとも聞きましたが、
『何日ぐらいいるのか?何処に滞在するのか?』
そんな常識的な質問だけで終わりました。

パスポートにスタンプを押すかと聞かれました。
その後エジプトに陸路で行く予定でした。
スタンプがあっても特に問題はないようですが、
将来何処の国に行くかわからないので、
別紙にスタンプを押してもらいました。

あれから中近東周辺の国には旅行していません。
イランやイラク、できたらアフガニスタンも行きたい。
イスラエルと敵対している国はたくさんあるでしょうが、
パスポートにスタンプがないのは、ちょっと心残りでです。

ヨルダンイスラエル間の出入国に関して、
バス代や出国税など必要ですので、
アンマンを出る際に必ず現地通貨を残して置いて下さい。

私のブログはあくまでも旅行記ですので、
最近国境を通過された方のブログを参照して下さい。
とある夫婦の世界中旅行記『せかいつながる』
写真付でとても参考になると思います。


   エルサレム by Flickr



旅行情報
イスラエル国境情報
http://www.iaa.gov.il/Rashat/en-US/Borders/Alenbi/
イスラエル政府観光局
http://www.goisrael.com/Tourism_Eng/Pages/home.aspx
エルサレムの観光局
https://www.jerusalem.muni.il/jer_main/defaultnew.asp?lng=2



私の訪問国 96カ国目
イスラエル





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。