FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

バンフ ー ツアーガイドへの道 その2

バンフはバンフ国立公園内にあり、冬はスキー、
夏はカナディアンローッキーの湖や氷河観光を中心に、
トレッキングやカヌー、乗馬なども楽しむ事ができます。

当時はバンフの街自体が国立公園の管理下にあったので、
住宅、施設の建設も許可が下り難かっただけではなく、
簡単にビジネスを始める事もできませんでした。

北米、ヨーロッパからの観光客が中心でしたが、
高度成長の追い風に乗って、日本人旅行者が増え始めていました。
ヨーロッパ、アメリカを旅行した経験のない人も、
美しいカナダの自然に憧れる人が多かったですね。

ブームの始まりでしたが、ガイド会社が三つ。
日本人向けのお土産屋さんや、和食もあり、
わずか8000人ほどのこの街では、
デュッセルドルフ以上に、日本人が目立ちました。

夏になると人口が増えます。
観光シーズンが始まるので、旅行者も人口と同じ位います。
そして私のような観光関連の仕事に就く人が、
季節労働者として、国内だけではなく世界中からきます。

その為に住居を確保するのが難しいです。
スタッフ用のアパートがあるという理由で、この会社に応募しました。
男性ガイドが多かったので、私はひとり、
一軒家の地下の部屋を借りてくれました。

まだ出来て数年のその会社は、
私が応募した年からガイドの人数も増やしていました。
日本の旅行会社との契約が取れたようで、
本格的にガイド会社として営業始めました。

バンフ滞在の人も居ましたが、
135キロ離れたカルガリーに住んで、
ツアーのある時だけ、バンフに滞在する人もいました。

カルガリーの空港でミートして、
バンフ周辺や、アイスフィールドの一日観光、
そしてカルガリー空港までのセンドまで同じガイドでした。

バンフアベニュー
       バンフアベニュー

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takechan0312.blog.fc2.com/tb.php/131-ddedffb0
該当の記事は見つかりませんでした。