FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

『ベトナム』という響き

『ベトナム』これほど重たい響きはありません。
直接戦争を体験したことのない私が、
育った時代に繰り広げられていた戦争。
私と姉と同じ時代のアメリカの若者の中には、
義務で派遣された人達も多いのです。

私と同じ年代のベトナムの子供達は
爆撃から逃げるのに必死になっていました。
憎い的を殺すのに畜生化していたことでしょう。

戦争が終わっても平和が戻るには何年もかかりました。
その間何十万と言う人が『ボートピープル』となり、
必死になり隣国へと逃げて行きました。
そしてその収容所で暮らすこと何年間。
やっと許可が降りて第三国へと旅立って行きました。

アメリカ、カナダ、オーストラリアに
難民として渡ったベトナム人は100万人以上です。
言葉も分からず、文化も違う国で
新しく暮らすのは大変なことです。

着の身着のままで逃げ出した難民に
写真のひとつも持って来る余裕もありません。
すべて過去を断ち切る必要がありました。
移民した国からの援助があったと言っても、
この人達には帰れる国もありませんでした。

私がカナダに移民したのは
まだカナダが難民を受け入れた頃でした。
自分の意志で移民した私には余裕がありましたが、
彼らはその国に辿り着くまでに必死でした。
たとえそれから先が困難な道であっても、
そこまでのいばらの道より耐えられたことでしょう。

難民で来た人達は必死で働き、お金を貯めて
子供達にはまともな教育をさせました。
自分たちが青春時代に出来なかった全ての夢を
第二の国で叶えさせてあげたかったのでしょうね。
この人達の努力しただけではありません、
その国に生き、その国に貢献しているのです。

HoChiMinh002.jpg
     ホーチミンの像 by wiki


観光情報
ベトナム観光局  日本語
http://www.vietnamtourism.com/j_pages/news/index.asp
シンカフェ(旅行代理店) 日本語
http://sinhcafe.com/index_nihongo_sinh_cafe.htm
ホーチミンの観光案内
http://www.vietnamonline.com/destination/ho-chi-minh-city.html

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。