FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

カナダのワーキングホリデープログラム

bb111


私は永住権をとってカナダに移民しました。
カナダの永住権に関しては、永住への道を読んで下さいね。
今日はカナダワーキングホリデープログラムについてお話します。

またワーホリ以外にもユースのためのプログラムがいくつかありますので、
そちらもあわせてご覧下さい。インターナショナルユースプログラム

カナダのプログラムが始まったのは、1986年3月1日でした。
毎年ビザ発給枠がありますが、 2010年度は7,250人です。

概要

カナダ/日本ワーキングホリデー協定は、
日本とカナダの若者が、就労により滞在費や旅行資金を補いながら、
互いに相手国を最長1年間訪問し、その滞在を通して相手国の文化に親しみ、
カナダ及び日本について理解を深めることを目的としています。

従って、フルタイムの就労を目的とする場合は、
ワーキングホリデーではなく就労許可証を申請してください。
ワーキングホリデー就労許可証が発給される為には、カナダの移民法の要件と、
ワーキングホリデー協定の要件の両方を満たさなければなりません。

2010年の許可証発給の通知書発行数の定員枠は7,250人に決定しました。
カナダ政府は相互協定に基づき、在日カナダ大使館にて移民法及び、
プログラムの要件を満たしたす申請者に対し、
ワーキングホリデーの就労許可証を発給します。
申請受付は許可証発給の通知書の発行数が枠を満たした時点で
打ち切られますので予めご了承ください。

日本を含む全世界からのワーキングホリデープログラム参加者に、
150カナダドルのプログラム参加費(PPF)が課金されます。
これは、査証申請料ではなく、プログラム参加費です。

カナダ大使館・広報部は、ワーキングホリデープログラムの統括部として、
査証部と連携しプログラムの運営に当り、情報提供、
申請書受付と予備審査をいたします。

申請書の本審査はカナダ大使館・査証部が行い、
審査に通った方には査証部が
ワーキングホリデー就労許可証発給の通知書を発行し、
申請者に郵送、またはメール(e-mail)で送信します。
許可証発給の通知書は発効日より1年間有効です。
その期限内にカナダに入国してください。
入国時に発行される就労許可証の有効期限は入国日から通常1年間です。

cg1
     カナダのシンボル ギース

お知らせ

大使館レートの変更により、
プログラム参加費(CD$150)の換算額が変わります。
お振り込みの前に大使館ウェブサイトをご確認ください。
2009年10月1日現在、プログラム参加費(PPF)は、12,300円です。
プログラム参加費の振込先は、ワーキングホリデー専用の口座です。
査証部の申請料金取り扱い口座とは異なりますのでご注意ください。

審査過程で追加書類の提出をメールや郵送で連絡することがまれにあります。
もし連絡を受けた場合は、記載されている期限内に書類をご提出ください。
提出が遅れると、審査結果に影響を及ぼす恐れがあります。

外国から申請する場合のご注意:
よく聞かれる質問と答えの「資格」、「申請手続き」をご参照ください。
カナダ/日本ワーキングホリデーセミナー開催詳細はこちらから。


カナダ/日本ワーキングホリデープログラム募集要項
よく聞かれる質問と答え

申請書 、申請書和訳、ほか提出書類 については
カナダ政府のサイトからダウンロードして下さい。

文はカナダ政府のサイトより引用


関連
  オーストラリアのワーキングホリデービザ
  ニュージーランドのワーキングホリデービザ
  台湾のワーキングホリデービザ

カナダワーキングホリデーセミナー

Seminar for Canada Working Holiday Program
Séminaire pour le programme de vacances-travail au Canada


カナダ大使館広報部は、カナダ/日本ワーキングホリデープログラム参加希望者を対象にセミナーを開催します。

カナダカナダでの生活についてもっと学んでみませんか。

このセミナーでは、カナダでの生活に役立つ情報を大使館のスタッフが案内いたします。
カナダに出発する前に、聞きたいことや確認したいことなどの質問や相談にもお応えします。
セミナーの後半は、交流会がある会場もあります。
参加者同士の情報交換やネットワーク作りにも役立てましょう。
これから申請をなさる方も対象としていますので是非ご参加ください。

内容:カナダ概要、ビザ、学校情報、生活情報、ワーキングホリデー体験談、交流会など。
費用:無料
定員:定員になり次第締め切ります。
申込方法:フルネーム(ローマ字)をご記入の上、
カナダ政府のサイトから申し込んで下さい。



開催予定セミナー

開催日:2010年2月18日(木)

会場:カナダ大使館 (東京)
時間:18:00~20:30 (開場 17:30)
定員:200人

関連記事

1 Comments

takechan0312 says..."Aさんへ"
コメントありがとうございます。
宜しければそちらのメールアドレスをお知らせ下さい。

2011.08.22 15:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takechan0312.blog.fc2.com/tb.php/116-c5313484
該当の記事は見つかりませんでした。