FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

フェアバンクスの市内観光は? 

Posted on 01:01:53


島村さんが最初に連れて行ってくれたのは、
会社の寮かも近いフェアバンクスの駅でした。
デナリ~フェアバンクス間の列車を
利用することは少ないそうですが、
一応場所だけは知っておく必要があります。

次にフェアバンクス空港に行きました。
アンカレッジと異なり小さい空港ですが、
夏には国際線も運航しています。
アンカレッジと異なり研修も簡単、
チャーター便の時はアシストが付くので、
迷うことなく誘導できるそうです。

フェアバンクスの観光案内は殆どなく、
利用するホテルを中心に回りました。
一番利用するソフィーステーションは
空港から10分足らずの所にあります。
これでは観光なんてできませんよね。

そして市内の中心地となる、
「ゴールデンハートプラザ」に行きました。
アラスカが州に昇格して25周年を記念して、
この広場の建設が決まりました。

フェアバンクスはアラスカのほぼ中心に位置し
ゴールドラッシュで栄えた街です。
そのふたつを掛け合わせて命名されました。

近くには観光案内所もあります。
夏になると広場にはお花が咲き乱れ、
白夜の頃にはこの辺りを中心に
フェスティバルが開催されます。

ホテルやレストランもこの近くにあり、
フェアバンクスの憩いの場と言えますね。
ここに座ってゆったりと流れる
アラスカの時間を楽しんでください。
ak149.jpg
     アラスカの野生動物 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  市内観光 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

水道は通っていません 

Posted on 01:04:16

私が働いていたアンカレッジの旅行会社
寮としてアパートを持っているだけでなく、
フェアーバンクスの郊外には
大きな一軒家を所有していました。
そこはオーロラ観察場として使っていました。

島村さんは私たちをそこに案内して、
オプショナルツアーで来たときに、
ガイドとして何をするか教えてくれました。
人数が少ないときはドライバーガイドのみ、
私たちが来ることはないでしょうが、
何をするのか知る必要はありますね。

まず鍵を開けて室内に入る方法、
お客さんが来たときにどうするのか。
飲み物やクッキーの準備の仕方、
オーロラの観察の誘導方法など
丁寧に詳しく教えてもらいました。

ひとつだけびっくりしたのが、
水を計るように言われたことです。
家の近くに水タンクがありますが、
もし量が低いときは業者に電話して、
水を補充してもらう必要があります。

フェアバンクスの郊外には水道がなく、
業者から水を買うことになります。
飲む以外にもシャワーやトイレなど
水はたくさん使いますからね。

この水を飲むこともできますが、
コーヒーの味が悪くなると言うので、
湧水を汲みに行くことしました。
車なら30分足らずでしたが、
湧水が出ている所があります。
行くとたくさんの人たちが、
大きなタンクで汲みに来ていました。
ak148.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  オーロラ観察 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

オーロラ写真家「金本さん」 

Posted on 01:02:52

日本からチャーター便が来ている期間は
写真家の金本さんがここに滞在します。
もう何年もアラスカにやってきて、
オーロラの写真を撮影されています。

ここではオーロラ観察に来た旅行者に
写真撮影の方法を教えたり、
自分で撮影した写真を販売しています。

もちろんそれでは商売にならないでしょうが、
ここに滞在することにより
オーロラが出現するのを待ちながら、
シャッターチャンスを狙っています。

もちろんここだけは撮影に限度があるので、
チャーター便の期間以外の時は、
自分で車を運転して旅行しながら、
アラスカ各地で撮影されています。

ガイドさんの中にもカメラマンがいて、
仕事がないときはアラスカ各地を廻って、
野生動物、大自然などを撮影する人もいます。
日本で写真の展覧会を開いたり、
写真集を出している人もいますよ。

金本さんは写真館を経営していますが、
今は家族の方が後を継いでいるようで、
年に三回アラスカに来て写真撮影、
オーロラ写真家として有名です。

その写真でカレンダーが製作されたり、
企業のポスターや宣伝に使われています。
FBでいつもオーロラの写真を拝見しますが、
どんな時も気持ちがすっきりします。
これからも素晴らしいオーロラと
巡り合えることを願っています。
ak151.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  オーロラ写真家 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

チナホットスプリングス 

Posted on 01:05:35

私たちはその後フェアバンクス郊外の
他のオーロラ観察場を見学しました。
昼間ですからオーロラは見えませんが、
どんな施設を使うのかその場所に行って、
注意点も細かく教えてもらいました。

フェアバンクスでは観光よりも、
オーロラ観察の方が重要なようです。
チャーター便が来る8月下旬からは、
日没がそれでも9時過ぎですが、
夜になるとオーロラが見られます。

オーロラ観察の出発は夜の10時ごろ、
戻ってくるのか夜中の2時になります。
そのため昼間の観光は殆どありませんが、
それでも移動などで遅くなることもあります。

ガイドも体力が必要ですね。
お客さんが観光中に寝ても良いけど、
まさかガイドまで寝るわけには行きません。

郊外の観察場を教えてもらった後は、
もう一か所チェナ温泉に向かいました。
フェアバンクスから約100km離れた
チェナ川の上流にあります。

アラスカには温泉がいくつかありますが、
ここはリゾートホテルになっており、
一年を通じてオープンしています。
いくつかあるアラスカの温泉の中では、
車さえあれば道路が通じているので、
比較的簡単にアクセスできる場所です。

島村さんはアラスカに住んで長いのか、
長時間の運転にも慣れているのでしょうね。
私たちが居眠りしそうになる場所を、
ちゃんと説明しながら運転してくれました。
ak152.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  チナホットスプリングス  オーロラ観察 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

オーロラアイスミュージアム 

Posted on 01:00:47

チェナホットスプリングスリゾートは、
すでに100年以上前にオープンしています。
金を探す「探鉱者」によって発見され、
金を掘りに来た人たちの間で
「湯治場」として利用されていました。

1911年温泉場とキャビンがオープンすると、
アラスカ内部で最初のリゾート地として、
大自然の中、新しい世界が広がりました。
現在、アラスカ内部で唯一
年間を通じてオープンしているリゾートです。

ツアーでは宿泊するグループもいますが、
フェアバンクスからオーロラ観察のため、
わざわざやってくるグループもあります。
私たちは日本人スタッフから説明を聞いて、
その日は温泉と氷博物館を見ました。

以前は冬しかオープンできなかった
「オーロラアイスミュージアム」は
特別な断熱材と技術によって、
今では一年中オープンしています。

中は零下7度に設定してあるので、
防寒用のジャケットを借ります。
すべて氷で作られた彫刻を見学します。
博物館内には氷でできたベッドもあり、
宿泊や結婚式もできるそうです。

ツアーの後は別料金15ドルで
アップルマルティーニが楽しめます。
そのグラスも氷で作られています。
グラスは持ち帰り自由ですが、
冬でない限り溶けてしまいますね。
もちろん研修という名目で
このお酒も堪能させてもらいました。
ak156.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  チェナホットスプリングス  アイスミュージアム 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ